Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

report of 「SS challenge」

 昨日は祝日なのに仕事,あ~んどむちうち気味の首の治療に行っていたため更新できませんでした.ごめんなさい!

 さて,日曜のSSチャレンジ,今回の身内からの参加者はまるけさん@TT-R125,知事さん@CRF250R,私@WR250Fの3名です.
d0049594_923570.jpg

 ここでSSチャレンジの説明を.SSチャレンジは1分間隔で1台ずつスタートし,1周のラップタイムを計って一番速い人が勝ち!というWRCチックなイベントです.私の出場するクラスは午後の部なので午前中はひたすら走って車,人のセットアップに努めます.

 1周目,全然駄目です.特にウッズの中がリズムよく走ることができません.ていうか以前走った時とコースが変わってて道が分かりません.しかも道幅がいつのまにかシングルトラックになってるし.一度など立ち木に右のグリップエンドを当ててしまい,危うく転ぶとこでした(汗).バイクの方はジャンプ着地の際サスの沈み込みが大きいのと,外周路(すげ~道幅の広いセクション)で5速全開にすると高回転域でカブり気味になるのが気になりました.後者の方は手持ちの道具ではどうにもならないので,前者を改善すべく1周回ってピットイン,リアサスの圧側減衰を2クリック分強くして再スタート.今度は適度にふんばってくれるようになりました.しかし良いサスがついてるバイクはジャンプが楽です.以前乗っていたLANZAの時はサスが底着きして,吸収しきれなかったショックが体まで伝わってきて『ウッ』とか呻き声を漏らしていました.(笑)

 その後は体が疲れきるまで走ってピットイン,暫く休んでからまた走る,のサイクルを繰り返しました.とにかくビギナーの私には経験値が絶対的に不足しているのでひたすら走るしかありません.ウッズの中も色々考えて走り方を変えた結果,以前よりも大分スムーズに走れるようになりました.

 そんな練習中での出来事,外周路を走っていると後ろから真っ赤なCRF450Xが凄い勢いで走っていきました.主催者の小堀さんのバイクです.走り去った後には無数の石の礫が体にビシビシ当たります.思わす『はうっ』とか呻いてしまいました.そしてその後に黄色いバイクがこちらも素晴らしいスピードで飛んでいきました.岡本商店さんのハスクTE510です.そして走り去った後には再び石の礫が・・・・・。お二人の走りに文字通り打ちのめされた私は,そのままヘロヘロと導かれるようにピットの方へと逃げていったのでありました.

 そんな出来事もありましたが,午前中はそれなりに周回も重ねることができ,充実した半日でした.午前の終わりにはCクラスとMクラスのSSチャレンジがスタート!Mクラスにはまるけさんが出場します.Cクラスは初・中級クラスなのですが,参加するバイクは素晴らしいです.名だたるメーカーのモデルがズラリです.恐るべしアサマSSチャレンジ.
 スタート順は最初Aクラスがスタートしてその後Mクラスになります.一台一台,『ピッ,ピッ,ピッ,ポーン』というシグナルの音に合わせてスタートしていきます.その光景を見てるとなんだかこっちがドキドキしてきました.なんて気の小さいヤツ・・・・.Aクラスがみんな出て行っていよいよMクラスの番です.1番最後にまるけさんがスタートします.
d0049594_1005140.jpg

 スタート!時の写真です.ちなみに奥に見えるのが知事さんです.軽やかにジャンプを超えてから森の奥へ消えていきました.結果は・・・Mクラストップです!オメデト~(パチパチ).勝った本人でもないのに賞品が気になります(笑).

 その後昼食をはさんで午後の部スタート!なんですが午後はやや失速気味・・・。潰した手のマメの影響のせいか,午前中ほど勢いよく走れません.それに次の日医師に指摘されたのですが,どうも水分補給が足りなかったようです.今思うと納得できる部分もいくつかあります.今度行くときはもっと水をたくさん持っていこう.皆さんもこの時期は体内の水分が失われ易いので水分補給には気をつけて下さい.特にサウナスーツ組は要注意ですよ(笑).

 そんなこんなであっというまにC,Bクラスの番になりました.ちょうど夕立っぽい雲行きになり,遠くには稲光が見えるなんとも劇画チックな中でのスタートになりました.最初にCクラスがスタート!さすが上級クラス.スタートの迫力が違います.あたかも解き放たれた猛獣の如く,森の奥へと消えていきます.あなオソロシヤ・・・・・(怖).そしてBクラスがスタート,あっという間に私の番になりました.スタート前は雷の方が心配だった私ですがスタートと同時に雷の事は頭から消え,『少しでも上の順位を目指すべく走るモード』に切り替わりました.しかし悲しいかな,思いとは裏腹にバイクは中々前に進んでいきません.挙句,1分後にスタートした筈の後続車にも抜かれてしまいました.結果はケツから2番目,ブービーです.何も言い訳は致しません.これが現時点での私の実力です.正直滅茶苦茶悔しいです.イベント終わった後は『次はクラス落とそう』なんて負け犬的考えでいましたが今は違います.『降格させられるまでBクラスで粘って↑の順位目指しちゃる』モードです.このままおめおめと引き下がってはおれません.ちなみに同じクラスに出場した知事さんはBクラスで5番手でした.やっぱり速いです!伊達に長野県知事と同姓同名ではありません(笑)少しでも知事さんに近づけるようになるためにも今まで以上に走り込まなくては.ちなみに知事さんと私の写真は私の判断ミスで用意できませんでした.ごめんなさい!

 Bクラスも全員ゴールしていよいよ表彰式です.テントの前に賞品が置いてあります.その中に大小異なる水色のビニール袋が置いてありました.それを見て自然にあるモノを連想した私,よせばいいのに思わずそれを口に出してしまいました.『あれ,肥料ですかね』当然レースの賞品にそんなものが出てくる筈ありません.正体はお米でした.同行者二人から鋭いツッコミが入ったのは言うまでもありません.

 そしてバイクを軽トラに積むときもラダーの途中でバイクをエンストさせてしまい,その拍子に体がホーンのスイッチに当たってしまい,『ピーッ』という間の抜けた音が北軽の森に鳴り響いたのでした.このときも周りの方々が失笑してました.神様,もう自虐ネタは十分です. 
 そんなわけで,いろいろハプニングもありましたが誰も怪我することなく,丸一日バイクに乗って走り回ることができました.次は31日の練習走行です.それまでに真っ黒のエアクリーナーを掃除しとかなければ.
by tricocbko_98 | 2005-07-19 10:47 | バイク | Comments(2)
Commented by gogo-mailman at 2005-07-19 23:44
>このままおめおめと引き下がってはおれません.
惨敗って素晴らしいですよね。
惨敗こそが勝利への執念を生む最高の糧だと思います。

ワタシは最近バイクに対するモチベーションが低下中なのでそろそろ惨敗を求める旅でもしようかと思案中です。
Commented by tricocbko_98 at 2005-07-20 00:35
 そうですねぇ~.行き詰まりみたいなものを感じたら気分転換に何か違うものに挑戦するのが良いらしいです.mailmanさんの場合,今がオフ車にトライする絶好の機会かもしれませんね.

 ほら,新しい世界への扉がそこにありますよ!(笑)