Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

サルディニア・ラリー

d0049594_2238189.jpg

 久しぶりにWRCをガッツリ見ています.第7戦のサルディニア・ラリーです.
タイヤがBFグッドリッチのワンメイクになっていたのは驚きました.今流行っているんですかねタイヤのワンメイク化.個人的には世界最高峰のレースくらいは,自由にタイヤを選ぶ権利を与えてもいいのではと思うのですが.まぁ素人には分からない色々な問題があるんでしょうなぁ.

 そしてタイヤのワンメイク以上に驚いたのが,参戦メーカー.日本から参戦しているメーカーは今やスバルだけなんですね.昔は,トヨタや三菱のワークスカーも参戦して,メイクスタイトル争いで凌ぎを削っていた時代もあったのになぁ.トヨタなんかF1出たっきり良い成績出ていないんだから,諦めて(失礼!)WRCに戻ってくればいいじゃんなどと思ってしまいます(笑).それ以上に復帰が望まれるのがやっぱり三菱(笑).やっぱ三菱といったらラリーでしょ.ラリーアートなんていう子会社も持っている訳だし,ぼちぼち復帰しようよ.コルトあたりでさぁ.

 話がずれてしまいましたが,今のラリーカーの挙動って一昔前とは比べ物にならないほど穏やかなんですね.昔に比べて車が横を向いている時間がかなり減っています.ダートを走っているとは思えないほど穏やかな動き.技術の進歩って凄い.

 最近は帰宅してから就寝するまでの時間が短いので1レグずつしか見られません.今日はレグ2を見ました.04モデルのランサーが走っていましたが,あれはイケてないですね,見た目が.ベースのクルマは俺のクルマと同じ型式なんですけどね(笑)
by tricocbko_98 | 2007-06-05 23:13 | | Comments(7)
Commented by gogo-mailman at 2007-06-06 00:39
>技術の進歩って凄い.
コレに関してはドライバーの進化みたいですね。「滑らせると遅いから」という理由でダートだろうがグリップ走行するのが現代のWRCの走り方のようです。
数年前すさまじい勢いでトップドライバーが世代交代したのはこのためだそうです。
Commented by 某先輩 at 2007-06-06 09:43 x
スバルはね、コレしかないんですね、今は・・・
モータースポーツはチーム・ドライバーの名誉以上に、観る人を楽しませないと。
Gr-B時代のAudi Quattroが雪の上を100m以上ゼロドリフトして駆け抜けるシーンとか、震えるほど感動したけどなぁ。
サファリで骨だけになっても走ってたPEUGEOT504も、一生懸命感がしっかり伝わり最高でした。
Commented by tricocbko_98 at 2007-06-07 22:02
>mailmanさん
クルマの特性というより,ドライビング・スタイルのトレンドがグリップ走法に変わってしまったということですね.確かにドライバーもかなり入れ替わりました.「滑らせると遅くなる」という理屈は分かるんですが,見ていていまひとつ迫力が感じられません.勿論スピードが恐ろしく速いのは分かるんですが・・・・・・・
Commented by tricocbko_98 at 2007-06-07 22:31
>某先輩さん
そう!魅せる走り!見る人を楽しませ,感動すら覚えさせる走り!そういうものがいまひとつ伝わってこないんですよね.昔のフィンランドラリーとか見てると,ブラインドになっていて先が見えない高速コーナーをもの凄い勢いで4輪とも滑らせながらスッ飛んで行きます.あれは絶対真似できないなと思いましたね(笑).
Commented by LABO at 2007-06-12 23:12 x
ほとんどのモータースポーツがチームの方針や計画、年間の結果に重きを置くので仕方の無い事なのでしょうが、完走でリザルト中段に沈む位ならば魅せる走りの乗り手を雇った方が結果的にスポンサー様にも利益になる様な気がします。トイボネンやビルヌーブ父やN.マンセルなんかは誰も忘れないでしょうから。
アウディも凄かったけれどランチア037も“スゲー”でしたよ・・、先輩。
Commented by tricocbko_98 at 2007-06-18 21:48
>LABOさん
レースで歴史に名を残すなら,チャンピオン獲るか,観客を魅了する走りを披露するか,それとも衝突リタイア後,相手ドライバーと殴りあいの喧嘩をするかどれかですよね(笑).いずれにせよ,結果と同じくらい,観客を沸かせるレース,走りを披露するのもプロの役目.あまり成績にだけ拘りすぎるのはどうかと思いました.
Commented by LABO at 2007-06-19 02:46 x
特にオートバイレースの転倒直後なんてのは“運”に支配される物の様なので、古い世代は(自分も含む)装備に関して小姑なのだろうね。