Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

またね!

いつものように帰宅する.
玄関に灯が灯っているのを見て,もしかしたら君がそこにいるんじゃないかって思った.実は熟睡してただけで,また元のように元気でそこにいるんじゃないかと思った.
でも,やっぱりいなかった.一日中君のことが脳裏をよぎり,何度も泣きそうになった.
もうどれだけ願っても君に会うことが出来ないと考えると,無性に悲しくなる.現に今,この文章を書いているときも涙が溢れてくる.とても辛い.せめてもう一度君と会うことができるなら,どれほど嬉しいことだろう.でも,それはどれだけ願っても叶わぬ願い.

命の重さ.君に改めて教えられた気がする.たとえこの世に存在する全てのお金をつぎ込んでも,権力を振りかざしても,失われた命は戻ってこない.だから,命ある限り生を全うし,周りに対しても自分を偽らざることなく接する.後で後悔しないように.君はオレにとって人生に関わる大きな事を身をもって教えてくれた大切な恩人だ.君はオレより13年も遅く生まれたのに,いつの間にかオレより早く大人になってたんだね.

でも,やっぱり納得できない.俺より13年も遅くうまれたんだから,その分オレより長生きするのが普通でしょ.どこかでコースをショートカットしなかった(笑)?
・・・・・早すぎるよ.死ぬならオレの死に目を見てからにしろよ.順番ちゃんと守れよ.
会いたいよ.とても会いたい.一目だけでも顔を見たい.

父さん達が君の埋められたところに何かを植えるって言っていた.その木が大きくなって花を咲かせたら,きっとオレは君を思い出すだろう.オレは君の事,決して忘れない.だって,家族でしょ?絶対忘れないよ.そしてまたいつかどこかで会えることを楽しみにしている.だから,「さよなら」は言わない.朝言ったけど,撤回だ.だってまた会えるのにさよなら言うのはおかしいでしょ.そうだなぁ・・・・・とりあえず「またね!」にしておこうか.重苦しい挨拶は嫌いだ.

またね!我が最愛の家族.今度またどこかで会おうね.
d0049594_21523163.jpg

by tricocbko_98 | 2007-10-11 21:45 | ありきたりの日常 | Comments(0)