Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

<   2006年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

スペース・ウォッチ

d0049594_20215941.jpg

先日FBMに行った際,コスモノートを付けた方を発見して,暫し時計ネタで歓談しました.
久しぶりに見たコスモノート,いいですね~やっぱり.アラビアインデックスが「24」まで刻まれた文字盤が,この時計の特殊な生い立ちを物語っています.コスモノートはNASAの「マーキュリー計画」に参加した宇宙飛行士,S・カーペンターに用意され,彼とともに宇宙飛行を経験したモデルです.昼夜の区別が出来ない宇宙において,正確に時間を把握するために昼夜の区別が一目で分かるよう,24時間表示にしてあるのです.

しかし,宇宙では誠にありがたいこの表示も,地上の実生活では,12時間表示の時計と勘違いしてうっかり時間を読み違えた,なんて事もあるようで,俺が話していたオーナー氏も,よく読み間違えると仰っていました(笑).

それでもこういうエピソードを身に纏った時計には未だ強い憧れがあります.別に身に着けたからといって自分が宇宙に行けるワケではないですけど,それでも何故か惹かれるんですよね~.下の写真も,かつて宇宙飛行士と共に宇宙へと飛び立ったモデル.SinnのM.142です.これもドイツ製らしい質実剛健なモデルで,ドイツ国境警備隊の対テロ特殊部隊・GSG9にも制式採用された時計です.残念ながら生産終了となってしまったので,手に入れるのが難しくなりましたが,機会があれば手に入れたいモデルの一つです.
d0049594_20492179.jpg


ちなみに,先ほど書いたオーナー氏のコスモノートはカーフ(革)のストラップでした.俺のナビタイマーのステンブレスを見て,「ブレス欲しいんだけどなかなか買えないんだよ~」と仰っていました.でも,ナビタイマーやコスモノートみたいなモデルには,ステンブレスよりも,黒のカーフの方が合う気がします.逆に俺の方は「カーフのストラップ欲しいんですけどなかなか買えないんですよ~」とオーナー氏に言ってました.お互いがお互いの時計についてるモノを欲しがる不思議な状態(笑).まぁ「隣の芝は青く見える」なんて諺もありますが,でもカーフのストラップ,欲しいなぁ.
by tricocbko_98 | 2006-10-31 21:11 | 時計 | Comments(0)

昼間からビールを飲める幸せ

昨日は消防団の訓練で,早朝からグランドでえっちらおっちら行進の練習.「なんでこんな軍隊みたいな事をせないかんのだ!」などと不平不満を心の中でブーたれておりました.

まぁそんな不平たらたらな訓練もお昼前には無事終わり,無事詰所まで帰ってきて「やぁ~お疲れでしたね~.ちょっと一杯やっていきますか」などと軽いノリでビールを飲み始めました.この時点ではそこにいた誰もが,軽~く飲んで上がろうというつもりだったと思いますが,ここで一つ大きな誤算が.

うまいんですよ.ビールが(笑)

昼間からビールを飲める幸せをすっかり忘れていた今日この頃.窓からは秋らしい気持ちよい風が吹き込み,その窓から外を見れば,すっかり紅葉に染まった故郷の山々.そんなロケーションで飲むビールはマジうまいっス!

おかげで皆コップが空くのがハヤイハヤイ(笑).そのうちに焼酎もどこからか出てきて,軽く飲んで上がろうという予定はどこへやら.しっかりと腰を落ち着けた宴会モードに.ふと時計を見れば既に夜10時(汗).1時間の予定がその10倍になってしまいました.

おかげで今日は朝から重度の二日酔いです.会社で洗浄に使っているアルコールの匂いを嗅いだだけで気持ち悪くなる始末.・・・・・もう暫くアルコールの類は見たくもありません.
by tricocbko_98 | 2006-10-30 22:26 | ありきたりの日常 | Comments(0)

KSR耐久・・・・・今度は6時間!

来月3日に伊那サーキットでKSRの耐久レースが行われます.というわけで,アレヨアレヨという間にワタクシも参加する事になっちゃいました.多分これが今シーズン,レザースーツに袖を通す最後に機会になるので,参加するからには思い切り楽しんで来ようと思っていますが,何せ今回は耐久時間が長い!6時間です.前回は2時間だったので,今回はその3倍の時間を走ることになります.3人1チームなので,前回の1レース分の時間を一人で走る計算になりますね~.なんかシンドイ事になりそうな予感がしますが,まぁなんとかなるでしょう・・・・多分(汗)
d0049594_2114369.jpg

前回に続き,今回もお世話になる33号車.ゼッケン31~33号車の3台が仲間内の車両なのですが,他の2台が前回のレース後から大幅な改造を施して大幅な性能アップを図っているのに対し,33号車の変更点は・・・・・all nothing!!
「うちは何も変更しなくていいんですか?」ってオーナーの「し。」氏に聞いたら,
し。氏「うちはライダーの技量でカバーするからいいの!」
オレ「・・・・・・・┏(。 。|||)┓」
その後戦闘力の上がっていそうな他チームのバイクに乗せてもらえるよう,移籍交渉に赴いたのは言うまでもありません(笑).変更しない真意は,長丁場のレースなので,敢えて冒険せずに,実績のある前回の仕様で行こう!という事らしいです.(で,いいんですよね?「し。」さん)まぁ人様のバイクをお借りして走らせて頂くエセワークス待遇の人間としては,バイクの事についてとやかく言う権利も無いので,お借りしたバイクで精一杯走るのみです.ハイ.

さてさて,どうなる事やら.来週が楽しみになりました.
by tricocbko_98 | 2006-10-28 21:33 | バイク | Comments(2)

生まれるのが早過ぎたバイク

読書の秋!というワケでも無いけれど,最近は本をよく読んでいます.といっても毎日寝る前に数ページ読んでるだけなんだけれど.なぜ数ページしか進まないかというと,読み始めるとすぐ寝ちゃうからなんですね~.アハハ!どうやら読書なんていう柄にも無いことしているからアタマが拒否反応を起こしているようです.いやはや,慣れない事はするものでは無いですね.

ちなみに読んでいる本は富樫ヨーコ氏著「ホンダ二輪戦士たちの戦い」(講談社<+α文庫>)です.ホンダが79年に楕円ピストンエンジンを搭載した革新的なマシン「NR500」でグランプリにカムバックしてから83年にF・スペンサーと「NS500」のタッグでタイトルを奪取するまでのホンダ陣営の戦いぶりを描いた本です.時代は2ストローク全盛期,しかもスタートシステムは4ストに不利なおしがけ方式.そんな時代に敢えて4ストローク,しかも誰も作ったことが無い楕円ピストンエンジンをひっさげGPに挑んだホンダのチャレンジン魂は尊敬に値します.しかし,現実はそう甘くは無く,NR500はデビュー当初はトラブル続きで,予選落ちの憂き目にもあいます.そこから地道に戦闘力を上げていき,後もう少しで勝てる!という位のレベルまで熟成が進みましたが,デビューから3年間でとうとう一勝もする事ができず,主力の座をより戦闘力のある2ストロークマシン「NS500」に明け渡すことになるのです.

結局レースでは結果を残せず歴史から消えてしまったNR500.今思えば,楕円ピストンという発想自体は良かったものの,それを実現するためのに必要なレベルに,技術が達していなかったのではないかと強く感じます.もし,今再びホンダが楕円ピストンエンジンを再び作ったら,今度はどういう結果になるのでしょう.MotoGPでは来年からレギュレーションで楕円ピストンの採用が禁止されるようなので,ホンダが今の時点で楕円ピストンを使ってくることはまず無いと思いますが,いつかこの疑問の答えが明らかになる日が来ることを,密かに期待しています.
by tricocbko_98 | 2006-10-25 01:23 | バイク | Comments(0)

思わず口に出してしまいました

昨日帰宅してTVを点けると,先日行われたJSB1000の岡山ラウンドの様子が放映されていたので,ついつい見入ってしまいました.

レースは序盤から秋吉@SUZUKI,柳川@KAWASAKI,伊藤@HONDA,中須賀@YAMAHAの4台が抜け出す展開.一応YAMAHAユーザーなので中須賀選手を応援してました.そしてレース周回が半分過ぎたあたりでついに中須賀選手が伊藤選手を抜いてトップに立ちました.よっしゃ~\(^^)/!!

その後はバックマーカーを上手く利用して伊藤選手との差を更に広げ,徐々に独走態勢に.中須賀選手はどうやらコーナー進入時に外足でタイミングを測っているようで,アプローチ時一旦外足を外すんですが,その日は気分もノリノリだったのか,そのアクションが段々オーバーになっていくのがわかりました.それを見て一抹の不安を覚え,「あんまり調子にのってるとマズイんじゃないかな~.大丈夫かな~」と思った瞬間!中須賀選手,スリップダウン!!それを見た瞬間,俺は反射的についつい口に出してしまいました.
「あ,○カ!」
中須賀選手ゴメンナサイ.でもあまりにも勿体無いという思いがついつい言葉に出ちゃいました.だってあのまま走っていれば優勝だったんですよ~!あ~勿体ね~(T T).まぁそんな事は俺なんかより中須賀選手が一番分かっているとおもうので,次に期待することにします.あ,ちなみにレースの結果は分かりません.中須賀選手が転倒した時点で見る気が失せてしまい,TV消してしまったもので(汗)

それにしてもJSBやMotoGPを見ると,ロードバイク乗りたくなりますね~.なんか体がウズウズします.あ~早く来年にならないかな~.
by tricocbko_98 | 2006-10-24 01:57 | バイク | Comments(1)

First contact!

今日はブログを始めてから知り合いになりましたGBS店主,A110ALPINEことOさんに会いに,車山高原で開催された「フレンチ・ブルー・ミーティング」に行ってきました.blog上では度々コメントを介して会話した事はありますが,お会いするのは初めてです.しかもこういうイベントに参加するのも初めて.何もかも初めて尽くしという状態で,やや緊張しながらテネレに跨り会場へと向かいました.

d0049594_1864658.jpg

会場に到着すると,既に高原一体はフレンチ軍団に完全制圧されていました.会場内のどこを見ても目に映る車は全てフレンチ.行き交う人々も皆鼻が高くて金髪,おまけに交わされている言語もフランス語.そこには日本であって日本で無い世界が広がっていました.恐るべしFBM(汗).・・・・・・・まぁ最後の2つは冗談ですが,所狭しとフレンチ・カーが並んでいたのは事実です.会場内をぐるっと見渡してみましたが,どうやら古今東西新旧問わず,様々なフランス車が集結しているようでした.中には俺の知っている車も何台かありましたが,知らない車の方が多かった気がします.う~ん,世界は広い.

ブース出展エリアに到着して,GBSさんのブースを探しててくてく歩いていきますが,ブースエリアには人が満ち溢れていて,なかなか前に進めません.おまけに看板を探すのに夢中で危うく足元にいた小さな犬を踏んでしまうところでした.アブね~(冷汗).

ようやくGBSの看板を発見.でもブース前は大盛況で,中々声をかけられず3~4分ほどブースの前で声をかける機会を伺っていました.そして来客が途切れた瞬間にすかさずご挨拶.こうして無事Oさん夫妻と無事ご対面する事ができました.お二人ともとても気さくな方で,来客が絶えず多忙を極めるなか,俺の相手をしてくださいました.前述のとおり,お邪魔している間は来客が絶えず,なかなかゆっくりお話する時間が無かったけれど,それでも限られた時間のなかで,車やバイク,夫妻の愛犬であるクロく・・・・いや,クロちゃんの様子について等等,色々楽しいお話を聞かせていただきました.というわけでご好意に甘えて,お忙しいなか2時間ほどブースにお邪魔させていただいちゃいました.この場を借りてお礼を述べさせていただきます.
Oさん夫妻,フタバ自動車さん,ありがとうございました!

GBSさんのブースを一旦お暇したあと,折角来たのだからと,会場内を見て回ることにしました.
d0049594_2010235.jpg

まず見に行ったのは特別展示されたAlpine M63.詳しい事は知らないのですが,何でもA110のベースとなった車で,世界に数台しかない大変貴重な車らしいです.実車を見た感想としては,まず車高がとても低かったですね.たぶん地面からルーフまで俺の腰くらいまでの高さしかなかったと思います.流れるような流線型で構成されたボディも美しかったです.

他にも俺の憧れの車,A110ともご対面できました.写真等では何回も目にしましたが,実車を目にするのは初めてです.憧れの車を目の前にみることが出来て,ちょっと感動しました.写真で見たとおり,実車はかなりのロー&ワイドでした.バルーンフェンダーがついてる車は更にロー&ワイド感が強調されてましたね.ノーマルでも十分カッコ良いですが,やはりバルーンフェンダーがついてると迫力がありますね.あとは全体的にボディサイズがかなりコンパクト.運転席もかなりタイトな感じに見えました.某先輩からは「あの車におまえさんが乗ればコントになるよ」と言われた事がありますが、それも納得です.あのタイトなコクピットに俺みたいな巨人がちょこんと乗って運転してたら,周りから見ればそれは喜劇に近いものがあるでしょう(泣).あぁ,あらゆる意味で高嶺の花です.A110.

写真も撮ったんですが,他人様の車を許可なくblogに載せてもいいものどうか分からなかったので,写真をUPするのはとりあえず止めておきます.暫くはマイPCの壁紙にして毎日拝ませて頂きますです.ハイ.

他にも,A310や2CV,5 turbo,などなど,色々な車を見かけました.状態も様々で,製造当時のノーマルな状態を堅持しているものや,あちこちかなり手を入れているものなど,それぞれの車にオーナーの個性が滲み出ていました.一通り会場を見回った後,夕暮れも近くなりだんだん気温も下がってきたので,完全に寒くなる前に帰ろうと思い,再びGBSのブースに行ってOさん夫妻に挨拶した後,帰路につきました.

今日はblog始めて一番良かったな~と感じた日かもしれません.blogを書き始めることによって,人の繋がりが出来て,そこから更に繋がりが広がっていく.最初はこういう意図はなくて,ただ自分の日々の生活を書き留めておけば後で見たら面白いかな~程度の感じで書き始めたんですが,今ではこういう繋がりが出来るのが楽しみというのもblogを続ける目的の一つになってます.これからもこういうつながりが出来る事をモチベーションにして,長く続けていきたいですね,blog.

なんか思った事つらつらとかいていたら長文になってしまいましたね.今日はこのへんで.
Oさん,もう少ししたらお金貯めてフランス遊びに行きますんで,向こうで一緒にツーリングしましょう!
by tricocbko_98 | 2006-10-22 21:26 | | Comments(2)

7年ぶりの工嶺祭

d0049594_19234755.jpg

今日は会社の用事で母校・長野高専の学園祭「工嶺祭」に行ってきました.変わらないですね~この景色は俺がいた頃と.玄関前の屋台群と中央ロータリーに設けられた特設ステージ.懐かしいなぁ.

今回企業紹介のブースにウチの会社も出展する事になり,パネルを数枚展示させてもらっていたんですが,行ってみたら企業紹介のブースには学生の姿はall nothing.他社の紹介係と思われる方が数人所在無げにぽつんと立っていらっしゃいました.そりゃそうだろな~.学祭の時に就職活動している学生なんてまずいないだろうし.自分の学生時代を思い出せばブースに学生が来ない理由がよくわかりました(苦笑).自分の会社のパネル展示の状態を確認し,出展されている他社の方と数分会話した後,その場を離れ,学内の展示物を見て回りました.

学内を歩き回っていると,学生時代はゆっくり展示物を見て回ったことなんてなかった事を思い出しました.学生時代といえば,前日学生寮で当日早朝までバカ騒ぎして当日昼間は寝不足で学校近くのコンビニでウダウダしてたり,バイクでパァ~ッと走りに行ったり,まともに学園祭に参加したことなど殆どなかったんじゃないかな(汗).ま,いいや.それも数ある学園祭の過ごし方の一つということで(笑)

しかし展示物を見て回りながら強く感じたことがありました.分かっていたけど,再確認.
高専って「オタク・マニアの巣窟」ですよね(冷汗).展示物がやはり他所のものと一味違います.例えば,あるクラスではパチスロみたいなゲーム機作って教室内がどこかのホールみたいになってるし(笑).とあるクラスではプラレール(鉄道模型のkids向け?みたいなヤツ)が机の上をエンドレスでシャーッと走り回っている.かと思えば廊下の片隅にどこから見つけてきたのか,ぼろぼろのカワサキ500ss「カミナリマッパ」がぽつんと展示されていたり,学内はまさしくワンダーワールド.さすが我が母校.この学校を卒業した事を誇りに思います(笑).

久しぶりに学園祭に行ったら,学生の時の思い出がよみがえってきて,新鮮な気分になりました.たまにはこういう風に過去を振り返るのもいいかもしれませんね.
by tricocbko_98 | 2006-10-21 19:50 | ありきたりの日常 | Comments(2)

衝動に駆られて・・・・・気が付いたら山の中

どうも知らないうちにストレスを貯めているのか,最近ムショウにバイクや車に乗ってパァ~ッと走りたいという衝動に駆られます.とはいっても今は晩秋.夕方むやみに山の中にホイホイ入っていったら,うっかりモリの熊さんと鉢合わせ!って事にもなりかねません.いやホントに.

という事で,衝動に駆られそうになりつつ,なんとか理性を保って抑える.という事がここ連日続いていたんですが,昨日は負けました.衝動に駆られて走り出し,気が付いたときには・・・・・・・
d0049594_1832376.jpg

人家から遠く離れた山の中.しかも一人ぼっち.うぅ,コアイヨ~(泣).
でも紅葉は綺麗でしたね~.ホント,今が見ごろだと思いますよ.もう少し紅葉の様子などを写真に収めてくればよかったのですが,あんまり夕暮れ時の山中に長くいて森の住人さん,例えば熊とか熊とか熊とか・・・・・とコンニチワ!という事になったら嫌だったので,写真も数枚撮るのみで,後はひたすらパァ~ッと走って,早々に退散しました.でも山の西斜面を左に夕日を眺めながら走るのは気持ちよかったです.今度はもう少し早い時間帯に行って,満足いくまで走り回りたいですね.路面の状態も適度に引き締まっていて,Siracを履いたテネレでも十分楽しめました.

ちなみに今回行った林道は,長野市の御林林道というところです.今年は大雨に影響もあり,多くの林道が荒れた状態ですが,ここはそれほど荒れていません.お勧めです.でも,今の時期休日は山に入る人が多いのでスピードの出しすぎにはご注意を.
d0049594_18283893.gif

by tricocbko_98 | 2006-10-20 18:22 | バイク | Comments(0)

ブレーキの引きずり・・・・その後

先日ブレーキの引きずりを直そうとして逆に止めをさした(恥)件を書きました.その後OHする為に数日間車屋さんに預けてました.今はもう手元に戻ってきて元気に動いています.OHした際の様子を先日聞いてきましたが,やはりピストンの動きは相当重かったようです.で,ピストンを交換しようとしたんですが,ランサーのブレーキってピストンの部品販売はしてないらしいです(17inchのみ).ピストンを交換する際はキャリパーassyでの交換となるそうです.お値段9万円強・・・・・・(泣).

仕方が無いので,「オーバーホールkit」なるシール一式が入った部品を取り寄せて交換すると同時に,ピストンは旋盤で表面を軽く削るなどして,動きが良くなるように色々工夫してもらいました.引き取った後,引きずってないかチェックしてみましたが,左右のローターとも同じくらいの放熱量だったので,引きずりはどうやら解消されたようです.とりあえず一安心.もしかしたらローターが異常に早く歪んでしまった件も,この引きずりが原因だったのかもしれません.もしそうならも~少し早く気が付いていれば無駄にお金かけずに済んだかもしれませんね.

しかしなんでピストンだけバラ売りしてくれないんだろう.キャリパー一個一個にあわせて作っている訳でもなかろうし.もし今度ピストンがダメになったら,その時は奮発してコレでも買っちゃいますか?
d0049594_1951523.jpg

ポルシェ996ターボのキャリパー.お値段は・・・・・・う~ん,軽自動車一台くらい買えちゃうかも(汗)
by tricocbko_98 | 2006-10-18 19:15 | | Comments(0)

収穫の秋,ドライブの秋

d0049594_18344153.jpg秋ですね~すっかり.この鼻がムズムズして花粉症みたいになる感じはまさしく秋の感覚です.そして今日も見事な秋晴れ.そんな秋の陽気に誘われ,今日は会社が引けた後ドライブがてら少し遠回りして帰りました.いや~平日の午後はいいなぁ.どこ走っても道は空いているし,天気も良いし.たまにはこういうのもいいものです.沿道に見える木々は綺麗な紅葉に染まってました.そんな紅葉に囲まれた道を,何も考えず小一時間ほどのんびり車を走らせてました.






d0049594_18371458.jpgそして秋といえば,やはり食欲の秋.右の写真に写ってるコンテナ一杯に詰まった林檎はウチの畑でとれた林檎.味も酸味が効いててなかなかの出来栄え.畑には他にも柿,梨,栗など秋の食べ物が収穫の時を待っています.まさしく収穫の秋,そして食欲の秋.まぁ食欲は秋に限らずいつでもありますけど(笑).この頃ウチのお犬様の散歩コースは毎日畑周遊コースです.もちろん俺の希望で(笑).途中で林檎つまみ食いするのがここ最近の一番の幸せなもので(笑).





d0049594_18523727.jpg
上の写真とは全く関係ないけど,これはウチの畑の下にあるそりゲレンデ(笑).最大斜度は45度(?)かなりエクストリーム系のゲレンデです.ガキの頃は学校から帰ってくると友達とよくここでそりで遊んだものです.でも何故かいつも下まで滑り降りると人とソリがバラバラになってたんですよねいつも(笑).ふと昔を思い出したのでその時の思い出を書いてみました.
by tricocbko_98 | 2006-10-17 18:43 | ありきたりの日常 | Comments(0)