Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

野山駆け巡る一日

 今日は昨日の珍道もとい林道ツーリングのレポート.
今回の林道ツーリングはワタシの自宅近くの林道でまだ行ったことの無い林道があるので,そこに行ってみましょう!ということで,お仲間の皆さんにはるばるわが町までご足労願った.遠方から来る人,ガレージの奥からバイクを発掘しなければならない人,など,こちらに来るまでが大変な方がいるので,集合時間はやや遅めに設定.ワタシは今回発起人兼ガイドなので,集合時間の10分前には集合場所に行って,他のお仲間が来るのをお待ちしていた.集合時間の10時頃になると,一人一人メンバーが集まってきて,10分過ぎくらいには皆揃っていた.皆さん遊びとなると時間に正確ですね~.さすがです!
d0049594_21341567.jpg

 出発前の様子.不思議なことに,写真を撮ろうとカメラを向けたとたんにみんなめいめい明後日の方向に顔が向いてしまった.不思議ですねぇ~.まぁ,こんな事書いてる本人も,カメラを向けられると逃げ回る類の人間ではあるが.

 各々準備が整った所で林道へ向けて出発.途中ガソリンスタンドで給油した際,「ハイオク」と言ったのに何故かレギュラーを入れられてしまうハプニングもあったが,なんとか林道の入り口まで到着.早速1本目の林道へGO!林道に入ると,空気が一気に涼しくなった,先程までの暑さが嘘のようだ.やっぱこれからの季節,昼間は林道に逃げ込むに限る!
 結局この林道は枝道が幾つかあるが全て行き止まりであり,林道自体の長さも短いことが分かった.う~ん,残念!その後,もう1本林道を走り(すげ~短いヤツ)午前中は終了.新ルート発掘は残念ながら失敗におわった.午後はいつも走っている長めの林道に行く事にし,その前に昼食を取るべく同じ町内の高原まで登っていった.どうせ食べるなら眺めの良い所がいいな~と思い,昼食を取る場所はスキー場のゲレンデのてっぺんに決定.実はこのゲレンデのてっぺんまで登っていく道が午前中では一番面白かった.
d0049594_2150942.jpg

 長閑な風景でしょ?緑一色の草原の向こうに広がる雄大な景色.実に気分爽快.日ごろのイヤ~な出来事もさっぱり忘れちゃう.やっぱり林道ツーリングはこうでなくちゃ.日向に居ても空が薄曇なのと,高原の涼しい風のお陰で暑さを感じることは全然ないです.快適そのもの.
d0049594_21563919.jpg

 同じ場所で違う角度からもう1枚.バイクの向こう側で談笑しているお仲間サン達の姿が見えます.なんかこう・・・如何にも休日!って感じの写真です.

 昼食を食べた後,暫く休憩してから午後の部スタート.最初に行き止まりの林道(距離ちょっと長め.路面サイコ~)を一本走った後,高原からワタシの自宅近くまで降りられる林道を走った.ワタシの自宅のところには2本の長い林道があり,両方とも高原まで続いている.上手くすると,高原まで登って帰ってくるループコースにもなる.ちなみにワタシはこれらの林道をかの有名なケニーランチにちなんで「○内ランチ」と心の中で呼んでいる.

 林道で高原から降りたあと,売店の前で小休止してから,今日(昨日です)のシメとなる林道へ移動した.この林道は距離が5km以上あり,非常に長い林道.これで最後なので,ちょっと集中して走ろうと思い,途中の小休止地点までろくに後ろも見ずに走った.小休止ポイントに着いて後ろを見ると誰もいないので,「しめしめ,振り切ってやったゾ」とほくそ笑み,給水してから,皆がこちらへ走ってくる所を撮影しようとカメラを持っててぐすねひいて待っていたが誰も来ない.しょうがないから自分のバイクを1枚撮影した.それが下の写真.奥の道のほうからお仲間が出てくるハズだったのだが・・・・.
d0049594_22165217.jpg

 ところが5分くらい待っても一向に来る気配が無い.さすがのワタシも「何かあったんじゃなかろうか」と心配になり,迎えに行くことにした.正面衝突の危険もあるのでソロソロと進む.ところが,行けども行けども一向に姿が見えない.距離が進むにつれ「もしかして皆一斉にガケに落ちちゃったかな」とか本気で心配し始めた.ホントはバ~ンと飛ばしていきたい程焦っていたが,前述のとおりそんな事が出来る訳も無いので,必死に我慢しながらソロソロ進んでいった.分かりますかこの感覚!なんかこう・・・・真綿で首を締められているような感じ.嫌ですよ~すんごく.そんな事考えている間にも距離は進み,とうとう入り口付近まで来てしまった.その頃にはワタシの頭は真っ白白になりかており,「やっべー,もしかして入り口で俺が『バーン』ってスロットル開けた時,飛び石が体に当たって,それで怒って帰っちゃったのかな?!」などと訳のわからんことまで考え出す始末.
 実は,この林道に行く前に談笑してた時,ある人が林道で仲間とはぐれて,再会した時に「逃げたかと思いましたよ~」と言っていたという話をしてて,「そんな事言えるのはあの人だけだよね~」等と笑っていた.笑っていた理由はその人の場合,走る場所,ペースがハード過ぎて誰もついていけないのだ.逃げたくなる人もいるだろうなぁ~というのがその理由.
 そしてこの時,ワタシはこの「逃げたと思った」という感覚が少し理解できた気がした.そこまで精神的に追い詰められていたのだ.
 それだけに,入り口付近に皆の姿が見えたときは全身の力が抜けるような感じがした.結局お仲間さんの1台のリアタイアがパンクして途中で引き返してきたという事で,誰もガケに落ちたりはしていなかった.ヨカッタ~.
 
 そしてパンクしたバイクを引き上げにきてもらう間,林道の入り口で談笑し,引き上げに来た車が到着すると同時にバイクを積み,その場で流れ解散となったのである.

 ということで,例によっていくつかのハプニングはあったけど,誰も怪我することなく無事に買って来れました.発起人兼ガイドのワタシも一安心です.まぁガイドっつっても何もガイドらしいことはしていませんでしたが.

 今回一緒に行った皆さんお疲れ様でした.また行きましょう.今回怪我や用事で一緒に行くことの出来なかった人も次回は行きましょうね!

 それでは,おやすみなさい
by tricocbko_98 | 2005-06-27 22:46 | バイク | Comments(0)