Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

weekend report vol.1

 さて,今日は先週の土曜日の林道ツーリングについて報告します.今回のメンバーは私@WR250Fと総統閣下@赤い猛牛もといXR400です.おっとっと,ついつい本音が出てしまいました(汗)

 昨日も書きましたが,お昼に閣下の御殿を出発し,一路西進し,長野県と埼玉県の県境を目指します.私は県境近くまでは国道で行くものと覚悟してましたが,ところがぎっちょん,大違い.ほとんど農道と路地です.まぁ国道含め幹線道路も通りましたが県境までの全工程のうち半分くらいは確実に農道でした.あの畜産小屋の横を抜ける時のアルデフルーリーな香りがたまらんです.
 途中,濡れた路面に足を滑らせ閣下が俺の目の前で,バイクごと華麗なスラィディングを決めた以外は大きなトラブルもなく,無事県境の麓までつきました.
d0049594_19583675.jpg

 これはその途中でガソリンを入れた時の1シーン.とても長閑なお昼下がりでした.

 さてこれからが峠越えの始まり始まり.長野県側は舗装がされていたのでスイスイっと登り,あっという間に峠の頂上に到達.いよいよ埼玉県に入ります.これからがダートセクション.結構斜度のキツイ下りが続きます.この林道は関東でも有名な林道らしく,対向車が普段の林道に比べ圧倒的に多いです.オフ車が行ったと思ったら,ジムニーの一団が来て,止めはスズキのバンディット(?)みたいなネイキッドが横を通過していきました.さすが関東,いろんな人がいるです.道は斜度がややきついのを除けばとても走り易い道でした.
 
 峠を下りきったところで道を曲がり,別の沢に入って今度は一路群馬県の上野村を目指します.そしてその途中には今回閣下が楽しみにしていた廃坑があります.道を曲がってから10~15分くらい行くと分かれ道がありました.右へ行くと廃坑,左へ行くと上野村へ続く林道.とりあえず廃坑の方へGO!進んですぐに,掘削した後が壁に残るトンネルがあり,それを抜けると目の前に鉱山の建造物がでで~んと広がります.鉱山の入り口にはストックヤードがあり,如何にも精製されたばかりという感じの白い砂山がありました.廃坑と聞いていましたが,施設の所々に,今でも使っているように見受けられる所があったので後日調べてみたら,施設の一部は今でも使われているらしいです.どうりで変だと思った.

 ストックヤードを過ぎてどんどん登っていくとありましたありました.鉱山全盛期の頃を彷彿とさせる廃墟の数々が.郵便局,共同浴場,学校,アパート,火の見やぐらなんてのも残ってましたね.当時の生活の様子があまりにも生々しく残っていて逆に怖かったです.本当は写真の1枚でもとってこようかと思いましたが,鉱山で亡くなられた方の慰霊碑を見てからは考えが変わりました.そうです,鉱山はとても犠牲者の多い仕事だというのを忘れてました.そう考えると今自分が見ている廃墟が,亡くなられた人達の大きな墓標に見えてきて,とてもカメラを向ける気になれませんでした.多分これは俺の考え過ぎだと思いますけどね.
 という事でここの写真はありません!でも大丈夫です.私達以外の人が訪れた時撮影した写真がいっぱいネット上にあります.googleで『日窒鉱山/秩父鉱山 』と入れて検索すれば出てくるので,どんな所か気になる方はそちらでご覧下さい.

 さて,廃墟も大体見たので,分かれ道まで戻って今度は上野村を目指します.林道の途中までは緩やかな登りのダートでとても走り易く,自然とスロットルも開きます.先頭が閣下,その後に私が続いていったのですが,この隊列は大間違いでした.閣下の走った後をついていくと無数の石の礫が襲ってきます.大排気量のバイク通過後の恐ろしさをすっかり忘れてました.今度行くときはお願いして前のほうを走らせてもらう事にします.

 実はそんな事よりもっと怖いものが私達を待ち構えていました.霧です.それもスゲ~濃いやつ.もう視界なんて10M以下.ライトなんて全然役に立ちません.暫くスロー走行を強いられました.それでも光の当たる場所にいるウチはまだマシです.一番怖いのはトンネルの中.一箇所照明の無い,長~いトンネルがあったのですが,この中も霧がまいてて,全然視界が利きません.しかも長いトンネルだったから出口の光も見えなくて,ほんとに暗闇の中を手探り状態.ふと後ろが気になって振り向いたらそこには・・・・・・・・幸い何もいませんでしたが真っ暗でした.先程の鉱山の事が頭に残っていたので,後ろの暗闇から何か出てこないかドキドキしながら走っていました.結局この霧は林道の終わりまで晴れる事がなく,上野村の最初の集落が見えるまでこのスリリングな状態が続いたのでした.

 上野村からは国道299号を通り長野県の佐久穂町へ出て,それから閣下の御殿まで帰還の途に着きました.
d0049594_21383125.jpg

 これがその299号での休憩時,林道を走っていたときにはこれよりもっと深い霧がまいていました.ご覧のとおり国道といっても車のすれ違いも出来ない細い道です.
d0049594_21415938.jpg

 これが総統閣下の愛機,XR400です.最高出力は数値的には私のWRと同じなのですが,排気量が大きいだけあってトルクの出方が全然違います.下の回転からどんどんパワーが出てきます.エンジンを回していなくてもバイクが前に進んでいくので,長丁場のレースではかなり楽だと思われます.対してWRはトルクが細いのである程度回していないとパワーが出てきません.セルスターターがついていない事を除けば非の打ち所のない素晴らしいバイクです.
d0049594_21523398.jpg

 長野県との県境.やっと戻ってきました.
d0049594_21531359.jpg

 上と同じ場所にて.もう5時30分を回っているのに,ヘルメットも取らず一心不乱に写真を撮りつづける閣下.そのお姿が面白くて思わす写真に撮ってしまいました(笑)

 今思うと半日で3県をまたいだ林道ツーリングってかなりハードですよね.事実,次の日は朝から体全体が筋肉痛でした(泣).ま,そんな事にはお構いなしにホイホイ出かけていったんですけどね(笑).それにしても今回のルートはなんか哀愁漂うルートでしたね.あれは天気のせいもあるけど,その土地の雰囲気ってのもあるんじゃないかなと思います.実は上野村は日航ジャンボ機が墜落した御巣高山の麓にあります.ひょっとしたら,そのせいかもしれませんね.ちょっとミステリーツアーっぽい感じになった,林道ツーリングでした.
by tricocbko_98 | 2005-07-25 22:07 | バイク | Comments(0)