Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

伝説のガイド,再び

今週のオイラの心の支えは会社帰りに聞くoffspringと,帰宅してから見る「ホワイトハウス」の再放送.今日も見てたんだけど,チャンネルの支配権を奪われてしまったので,すごすごと部屋に戻り,これを書いてる次第.

さて,某I氏の策略でツーリングのレポートについて書かねばならない状態に陥ってしまったので,ぼちぼちレポートを書こう.

日曜は予想外の晴天に恵まれ,一日を通して楽しくツーリングする事ができた.今回のツーリングは,佐久から内山峠を越えて群馬県に入り,妙義のくねくねワインディングを抜けて横川まで行って釜飯を食べ,さらにその隣の鉄道文化村を見学したのち,今度は旧碓井峠のくねくねワインディングを通って長野に帰るという,いつもの「くねくね」要素を残しつつ,「観光」と「名物」というエッセンスを加えた,誠に由緒正しい正統派ツーリングとなった.

メンバーは地元の消防団チームが俺を入れて三人.そこに特別ゲストとして俺が半ば無理やり引っ張り出した形の●川氏が加わることとなった.バイクも,ネイキッドからレーサーレプリカ,さらにモタードまでいるという,個性溢れるラインナップ.

朝,長野県内を走っている時はかなり寒かった.しかし下界(群馬県)に降りてからは寒さも緩み,かなり気持ち良く走れるようになった.妙義のワインディングはところどころ路面が濡れて,落ち葉も多く見受けられたので,スピードを落としてのんびり走ることにした.ここで水を得た魚のように素晴らしいスピードでトんでいった黒いDR-Zが一台・・・・・(笑)

妙義の展望台ではまだ紅葉も始まってないないっつ~のに車がワンサと停めてあり,風も大分強くておちおち休憩も出来ないので,早々に出発して麓へ降りて昼食にした.今回のお昼は「おぎのやの釜飯」.釜飯なんて食べるの何年ぶりかな.久しぶりに食べた釜飯は予想外においしかった.こういうのってたま~に食べるからおいしいんだよね.

昼食を食べたあとは今回のツーリングの目玉である「碓氷峠鉄道文化むら」へ.ここの説明はこちらを参照のこと.
ゲートを通過して我々が最初に目にしたのはコレ
d0049594_017975.jpg

一見ただのレールなんだけど,真中に歯車の歯みたいなものがセットしてある.
はてこれはなんだろうと我々が首を傾げていると,「コレはですね~.アプト式といってですね~・・・・」とどこからともなく解説が.辺りを見回すと,解説してくれているのは●川氏じゃあ~りませんか!氏はアプト式の何たるかについて,テーマパーク内のそこかしこにいる,解説担当のボランティアさん並に鋭い講釈して我々を「ムムム」と唸らせた後,足取り軽く次の展示物へ移動し,そこでアヤシク我々を手招きするのであった.

その姿を見て俺は数年前お台場の「海の博物館」での●川氏の姿を思い出していた.氏は博物館に展示してあったイージス艦の模型で,同行者一行にイージス艦の詳細についてアツク語ってくれたのだ.そのあまりの熱弁に同行者一行は相槌えをうつのも忘れ,ただただ畏敬の眼差しで氏を見ていたのであった.ちなみにこの時の同行メンバーは大変ユニークな人たちで,イージス艦同様に模型で展示してあった巡視船を前に「俺来世は巡視船で40mm砲の砲手だな.●朝鮮の工作船なんか威嚇なしで沈めてやる」と息巻く,日朝戦争の引き金になりそうなアヤシイ人や,完璧なおのぼりさん状態で見るもの全てに「スゲ~!スゲ~」と感嘆の声をあげる人,人形と人間の区別がつかず,人形と間違えてあやうく人間の頭を引っ叩きかけた盲目の羊状態な人(実は俺だったりするんだな),などなど,非常に個性あふれる,人間見本市みたいなメンバーだったのだ.それにしてもあの時はとても楽しかった(笑)

話を元に戻そう.いつのまにか我々の専属ガイドとなった●川氏を先頭に,どんどんテーマパークの奥へ進んでいく.昔の車両基地の面影はほとんどなくなっていたが,それでもところどころに当時の姿を伺い知ることのできるものが置いてあった.
d0049594_0482819.jpg

テーマパーク内には主に電気機関車と客車がおいてあり,車両によってはその中に入れるものもある.
d0049594_0512416.jpg

これは明治だか大正だかに使われていた客車の室内.写真では伝わらないかもしれないけど,この車内には現代の客車とは明らかに違う雰囲気が漂っていた.
d0049594_0574351.jpg

SLも一台だけ展示してあった.ノーズには定番の「999」のロゴが・・・・.でも専属ガイドに言わせると,「真の999は『C62』だが,展示してあるのは『D51』という型式のものなので,これはインチキ999である」との事らしい.

そんなこんなで以外に楽しめた鉄道文化むらを後にし,長野県に帰るため旧碓氷峠に向かう,ここもYZFで走るにはやや狭いくねくね道.そしてここでも素晴らしいスピードで駆け抜ける黒いDR-Zが一台・・・・・。(笑)

旧碓氷峠の途中にはめがね橋という古いれんがで作った橋がある.そこでも小休止をしたのち長野県へ帰還.帰宅途中のコンビニで解散となった.

ほぼ1ヶ月ぶりのオンロードバイク,久々のツーリングということもあり予想以上に楽しい一日が過ごせた.次は多分来年になると思うけど,来年はもう少し遠くへ行きたいなぁ.
by tricocbko_98 | 2005-10-26 01:09 | バイク | Comments(0)