Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

複雑なのもいいけれど

昨日,ブライトリングから定期的に送られてくる会報誌「インフォ・ブライトリング」が届いた.今回の中身は時計の製造工程の紹介がメイン.今の時代,どうせ加工の大半は機械加工なんだろと思っていたんだけど,どうやら機械加工を行っているのは穴あけの部分のみで,大半は手作業による工程らしい.担当者の人曰く,「機械で作るためには形を数値化せねばならず,そして数値化にも限界がある.人の手で描かれた微妙な形状を再現するには機械加工は向かない」という事らしい.という事で現行のメインモデル,クロノマット・エボのケースは鍛造の段階であらかたの形になっており,ほとんど職人の手作業だけでこの形に仕上げていくんだそうな.
d0049594_182547.jpg

すげー.まさに根性と忍耐の世界.スイス人の職人魂おそるべし.

さて,社会人一年目にnavitimerを手に入れて以来,早4年.ぼちぼち新機種の導入をと考えてるんだけど,なかなか決心がつかない.まぁそう簡単に手に入れられる品物でもないし.
でも数年前からど~しても気になる時計が一つあるんだなぁ.
d0049594_18215622.jpg

同じくブライトリングのアベンジャー・シーウルフ.ちなみシーウルフ(seawolf)とは大型の肉食の魚を指すらしい.間違っても「潜水艦だ!」と言ってはいけない.向こうも魚から名前拝借してるので.

お話戻ってこのシーウルフ,見た目のインパクトがかなりある.なんと言ってもゴツいのだ.機械式時計では最高の耐水性(3000m)を誇るだけあってケースは頑丈.厚みもnavitimerの14.6mmに対し18.4mmとかなり厚い.以前時計屋さんに置いてあったのを手につけさせてもらった事があるんだけど,普通の腕時計は手の上に,大げさに言えば「ペタッ」と張り付いているのに対し,シーウルフは手の上に「ボコッ」とのっかっている感じ.これは迫力ですよ~.
でもケースの素材がチタンなので,手につけていても重さを感じることは全然ない.しかもクロノグラフに比べてシンプルな3針計なので,少々ラフに扱っても大丈夫そうな感じ.

最初navitimerを選んだ理由は,クロノグラフであるのは勿論だけど,その他に航空計算尺など,色んな機能が詰まってて,その機能美に魅せられたから.その選択は間違ってなかったし,今でも大事に使っている.でもず~っとクロノグラフばっかり見てると,たまにはシンプルな機能と無骨なデザインの時計もいいな~と思ってしまう.この微妙な感覚.理解してもらえるかな~.(笑)あ~なんか書いてたら物欲の虫がうずうずしてきたぞ.他にも欲しいものがいっぱいあるし.

やっとローンの方も減らしてきたのに,またローンレンジャーに変身かな?これは.
by tricocbko_98 | 2005-11-16 18:45 | 時計 | Comments(4)
Commented by tichikaw at 2005-11-16 20:50 x
シンプルな時計にはね、不思議な魅力があるんですよ。
それを知るためにはぜひ買ってみることです。
でも、SeaWolfはどう観てもシンプルな部類ではないような気が・・・

シンプルで美しいのは、tichikaw的には、PatekのカラトラバとかVacheronのロワイヤルでしょう。

えっ、ちがう??

Commented by tricocbko_98 at 2005-11-16 21:17
い~や,seawolfはシンプルの範疇に入ります!
上記の二つのモデルとseawolfの違いを例えて言うなら,
前者は「シンプル部華やか課」なのに対し,後者は「シンプル部ゴツゴツ課」なんです.(笑)

でもseawolfは魅力を感じる部分が何となく分かるんだけど,上記の2つは素っ気無い程シンプルなデザインでありながら,そこはかとなく気品が漂ってるんですよねぇ.不思議だ.この魅力の秘密を知るにはやっぱり自分で手に入れるしかないんでしょうか.

分かってはいたけど,時計の世界は奥が深いなぁ.
Commented by 1600-sc at 2005-11-17 08:53
たしかに!時計のデザインは深いですね。
飛行機は飛ばないとダメだし、クルマも走らないと話にならないから、機能部は大体同じようになってしうけど、時計は時間さえ大体わかればok!
だから、超シンプルな2針から、超複雑なグラコンまで...
中には陽の下で見ると目を焼いてしまいそうになる、ダイヤてんこ盛りも...
デザイン+機能で、深いですね。 だからハマルと恐~い(笑)
飛行機みたい、絶対買えないないと判っていれば、見るだけで満足できるんですが...無理して買っちゃう⇒財源がもちませ~ん...(泣)
Commented by tricocbko_98 at 2005-11-17 18:40
そうですね.時計って見てるだけじゃ駄目なんですよね~.やっぱり実際に手につけてみないと.

そして,あまりにも気に入ってしまうと右手があれよあれよとボールペンに向かい,あれよあれよという間に魔法の紙にさらさらと個人情報を書き始め,そして気が付いた時には精神的な満足感と,経済面での更なる負荷が待ち受けているのです.

時計は身を破滅させる元です.
でも止められないんです.この経済面でカツカツのところをキープしつつ自分の趣味の世界を広げていくスリル感が.

こんな事言ってるからいつまで経っても貯金出来ないんですよね.
困ったものです(苦笑)