Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

キカイダーカーブに散る

タイトルとは無関係だけど,このあいだこのblogの画像ファイルの容量が30MBに達したので,アドバンス契約を結んで画像ファイルの容量を増やした.そしてアドバンス契約後アップした写真第一号が・・・・・前の記事の写真(´Д`|||) .
なんか複雑な気分・・・・.

それでは事の顛末を.

あの日はとても良く晴れた日で,俺は会社から家へ帰るべく車を走らせていた.やがて500m程ストレートのあと左ヘアピンへと続く場所にさしかかった.
ヘアピンの前のストレートは日当たりがよく,雪も完全に溶けていたので,俺はさして注意もせず車を走らせ,ヘアピンに入った.ヘアピンの出口当たりにさしかかり,そろそろ加速しようと思ってアクセルを踏んだときにそれは起きた.

今までグリップしていたフロントタイヤがいきなり横滑りし,俺はセンターラインを超え反対車線に飛び込んでしまった.今まではこういうときは対向車がいなかったので,何とか立て直して自分の車線に戻って事なきを得るのだが,そのときは違った.対向車線に飛び出たのを狙ったかのごとく,対向車が向かってきたのだ.慌ててハンドルをきるものの,グリップしないタイヤで舵を切れる分けも無く,そのまま対向車の右フロントフェンダーに「ガッチャン」と突っ込んでしまった.

衝突後の対応は意外と冷静に出来た.とりあえず車は動くので道の脇の広いスペースに退避させ,相手の車へ行き,体のダメージが無いか確認してから,道の脇へ車を動かしてもらうようにお願いした.その後お互いの保険屋さんへ連絡を取り,事故を起こしたことを知らせて,その後の行動について指示をうけた.その後最寄りの警察施設へ行き,事故処理の書類を作ってもらい,一通りの手続きを済ませた.あとは保険屋さんにお任せ.

今回のケース,俺がセンターラインを越えてぶつかってしまったので,悪いのは当然100:0でこっち.ということで,相手方の車の修理費用はこちらの保険で対応するが,こっちの車の修理は自腹(見積もり額約15万円!).

金額的損失は痛いが自業自得なので仕方がない.本当に相手に怪我がなくてよかった.人の良さそうなおばちゃんで,冷静にこちらの謝罪を受け止めてくれた.おばちゃんゴメンナサイ.

次の日,事故を起こした現場を通る際,ゆっくり走って路面状況を調べてみたら,事故の原因が分かった.事故を起こしたカーブは半分は日が良くあたるところであり,雪も良く溶けるのだが,もう半分は道路の南に山を抱えているため,日が当たらないため,完全にブラックアイスと
なっていた.そのブラックアイスの部分に足を踏み入れた瞬間にアクセルを踏んだのだから,滑るのも当然だろう.今シーズン,この区間がこんなに凍結することは無かったので,自分にも油断があった.

このように路面のキャラクターが真ん中を境に明確に異なっているので,俺はそのカーブを,自分が起こした事故を忘れぬように「キカイダーカーブ」と名づけることにした.

雪が溶けた路面と凍結した路面が混在する区間は,完全なフルスノーの区間より怖い.前々から知っていたつもりなのに,最悪の形で改めて再認識することになってしまった.これから春が近づくにつれ,こういう状態になることが増えていくので気をつけないと.

雪道の怖さ,難しさを改めて思い知った一件だった.

※モンテカルロ・ラリーは前述のようなアイスとドライが混在する路面をレーシングスピードで走らなければならない.シリーズの初っぱなからこんな難しいラリーを走らなければならないのだから,ドライバーも大変さぞかし大変だろう.
by tricocbko_98 | 2006-01-29 11:47 | | Comments(4)
Commented by gogo-mailman at 2006-01-29 18:12
接触事故だったんですか。
お互いに怪我が無くてよかったですね。
Commented by tricocbko_98 at 2006-01-29 22:20
単独なら良かったんですが,今回は他人を巻き込んでしまいました.
相手の方に怪我が無くてホッとしてます.

今年は雪道もかなり走りこんだので,その部分で慢心していた部分があったのだと思います.これを機にもう一度気を引き締めたいと思います.
Commented by A110ALPINE at 2006-01-30 01:27
日陰が凍結、怖いですよね。怪我がなくよかったですね。昔むかし、フルピンで雪走りをしたときは、その逆で舗装が出ていると滑って、スノー&アイスだとグリップしました。バイクだと舗装に乗ったとたんに転びます。その時の週間で、峠を走るときは、日陰になる部分を考えながら走るようになりました。そんな走りをせずにゆっくり走ればいいのですけどね。
Commented by tricocbko_98 at 2006-01-31 11:02
スパイクタイヤは舗装では怖いと思います.俺が免許取ったときはもうスパイクタイヤは無かったので,どれくらい怖いか推して知るべしですが.

>峠を走るときは、日陰になる部分を考えながら走るようになりました。そんな走りをせずにゆっくり走ればいいのですけどね。
おっしゃるとおりです.ゆっくり走ればリスクもかなり低くなると思うのですが,ついつい・・・・・・.事故ってからは路面状況にかなり気を配っています.あとは気温とか天候にも目を向けるようにしました.

もう痛い思いをするのはたくさんです.