Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

because it is there

タイトルの文言は,エベレストで非業の死を遂げたイギリスの登山家,マロリーが記者から「なぜエベレストに登るのか」と聞かれた際に答えた言葉です.日本では「そこに山があるからだ」と訳され,とても有名な言葉となっています.

もう季節はすっかり秋.会社の横に道沿いに立っている木も,すっかり紅く染まっています.そして秋といえば登山の季節.実はワタクシ,隠れプチ登山愛好家で,ちょっと前まで毎年1回程度の割合で登山をしてました.最近はヒマも無くてあんまり行ってないけれど.最近登った山は2004年のちょうど今頃に登った南アルプスの仙丈ケ岳です.
d0049594_10253.jpg

この山を登ろうと思い立ったのは,さらにその2年前,ちょうど大学を卒業して新入社員になった年です.同期の友達でこの山の麓に隠れ家(!)を持っているヤツがいて,その隠れ家に遊びに行くと,そこから遥か上を見上げた所にこの仙丈ケ岳が見えました.ほんとに麓から見上げるような感じだったので,とても高い山に見えた覚えがあります.更に冬なんかは月明かりを浴びて山全体が銀色に光っていて,それはそれは美しかったです.その姿を見てその同期の友達と「いつかあそこに登ろうぜ」と約束を交わしました.それから月日が経ち,その友達が会社を辞めてしまい,その後暫くして俺も退社した為,お互い道が分かれてしまい,なかなか連絡も取れなかったのですが,約束を交わしてから2年後に,やっとその約束を守り,その友達と2人で登頂を果たしました.登った時はヘトヘトに疲れきってましたが,その後下山してから写真を見ると,「あの山に登ったんだなぁ~」という満足感に浸った思い出があります.また生まれて初めて3000m級の山に登ったという喜びもありましたね.この登山は色々な意味で思い出の詰まった登山となりました.

で,前述の話.なんで人は山に登りたがるんでしょう?正直山を登っている間なんてシンドイだけです.登っても登っても頂上は近づいて来ないし,寒暖の差は激しいし,なんでこんな所に来たんだろう?と毎回登る度に自問自答しているような気がします.でも後で,登った時の写真を見ていると,不思議とまた登りたいという気になってしまうんですよね.色々考えたんですが,やっぱりよく分かりません.でも,標高の高い山や,美しい山を見ると,無意識に「あのテッペンに登ってみたい」という気になるのは確かです.これはやはりマロリーの言う通り,「そこに山があるから」なのかもしれません.

そのマロリーですが,近年エベレストで遺体が発見された事で話題になりました.俺は偶然ネットで彼の遺体を見てしまいましたが,行方不明になってから70年の歳月を経て発見された割にはとても遺体が綺麗だったのを覚えています.その長い年月を経ても殆ど風化していない遺体が帰って極地ヒマラヤの恐ろしさを表しているような気がしました.

とまぁ山について思う事をつらつらと脈絡なく書いてみました.一緒に仙丈ケ岳に登った彼は今は新聞記者として多忙な毎日を送っているようです.先日偶然彼の書いた記事を目にする機会があり,それでこの登山の事が書きたくなって書いた次第です.

仙丈ケ岳は途中までバスで登っていけるので,俺のような初心者でも比較的簡単に頂上に登れるのでお勧めです.とはいってもそこは山.天候の急変などは日常茶飯事なので,登られる方は装備を入念に.
d0049594_154357.jpg

これは頂上から北アルプス方面を臨んだ写真です.写真の右奥に雪を纏ってキラキラ光っているのが北アルプスだと思います.他にも八ヶ岳や富士山など近傍の山々が一望できる景色は見物です.地平線も微妙に丸く見えます.地球の丸みを体感したい方はLet's try!
by tricocbko_98 | 2006-10-13 02:08 | ありきたりの日常 | Comments(4)
Commented by vehicles at 2006-10-13 16:33
こんにちは
下の写真、きれいですね。壮観なのでしょうね。
自分の目で見てみたいのですが、きっとそこまで登り着けない
と思いますので、きれいな写真で我慢します。
Commented by tricocbko_98 at 2006-10-14 00:33
頂上から見る景色は素晴らしかったです.360°どこを見ても,雄大な景色が広がっていました.あの景色は必見の価値有りだと思います.機会があれば是非挑戦してみてください.また山に登った時は写真アップするのでお楽しみに!
Commented by し。 at 2006-10-16 22:51 x
では今年も山登りしましょう。茂来山でどうですか?
Commented by tricocbko_98 at 2006-10-17 19:56
>茂来山でどうですか
それって・・・・山登りじゃなくてトレッキング?でもいいですね茂来山.去年同様一年のしめくくりに行きますか茂木山.