Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

One day Heroes

d0049594_1847768.jpg

昨日は消防団の出初式でした.
例年なら早朝に近所の神社で御参りしてから町の中学校のグランドを行進して,来賓のありがた~いお話を聞いてお昼に終了.午後は公民館で宴会をやってグデングデンのベロンベロンになるのが通例でしたが,今年は市町村合併したので,合併した市町村で一番規模の大きい上田市で合同で出初式をやる事になりました.スケジュールは丸一日.しかも休憩なし!これから毎年これをやるのかと考えると気が重くなります.

それでも俺はまだポンプ積載車の運転手に任命されたのでまだマシな方です.パレードまで車の中でヌクヌクしていられるし,パレードが終わればその足で皆より一足早く帰れます.パレードに行進で参加した人達はそのまま文化会館へ連行されて,更に2時間,休むことも許されず来賓の方々のお話に耳を傾けねばなりません.

会場へ到着すると,駐車場は真っ赤に塗りたくられた軽トラやらトラックやらで埋め尽くされていました.4市町村全部の消防団が集まっただけのことはあります.あとで聞いたらこの日の出初式は県内の出初式の中では3本の指に入るくらい大きな出初式だったそうです.
d0049594_18494040.jpg

出初式に集まった消防車両の一部.

他の消防団員がパレード前のプレイベントに参加している間,我々車両部隊は会場から100Mほど離れた車両の傍でその様子を見ていました.イベントでは上田消防署の所有するはしご車がなが~い梯子を空に向けて伸ばしたり(子供大うけ),昔ながらの伝統行事が披露されていました.伝統行事ってのは,古い木製の梯子をまっすぐ立てて,その上で人間が「よっ」とか「ほっ」とかいいながら手を離したり,足を離してみせたりする,アレです.東京消防庁の出初式とかでよくやっていますね.ただ普通に梯子を昇るだけでガチガチに緊張する俺には決してできない芸当です.高いトコ嫌い.

プレイベントが2時間ほど開催されたあと,いよいよパレードとなります.徒歩で行進する人達が出発したあとに我々車両部隊が続きます.パレードが始まる前までは正直クサクサしながらやっていたんですが,警察の誘導で赤信号の交差点を突っ切るあたりから,だんだんのってきました.我々の車両を優先的に通すために警察官が他の一般車両を脇へ寄せ,その横を我々がスィ~ッと走り去っていく.ちょっとしたVIP気分です.出初式,悪くないかも(笑)

誘導されて,駐車場からパレード会場となる商店街へ.商店街の入り口にはそれほど人もおらず,おかげで俺達もそれほど緊張しない状態でパレードはスタート.しばらくゆっくり走っていると,だんだん視界の両脇にうつる人影が増えていき,気がついたら結構な人だかりに.そのうちに幼稚園児の集団とか出できました.普段山奥に住んでて,人より野生動物と接する機会の多い(?)我々にはちょっとしたカルチャーショック.緊張のあまり視線を周囲に泳がすこともできず,ひたすら前だけ見て運転.大勢の人間が注目してる前をゆっくり走るのってあんなに緊張するとはしりませんでした.あんなに緊張したのは久しぶりです(汗).

そんなわけでわき目もふらずひたすら前だけ見て運転してたんだけど,ふと右側から聞こえた小さい子供の「ばいばぁ~い」っていう声に無意識に反応して控えめに手を振ったら,親御さんがこっち指差して「ほら,手振ってくれたよ.よかったね~」って子供に言っていました.それを見たら,「あ,なんかこういうのいいなぁ~」って思いました.せっかく手を振ったり声かけてくれてるんだからこちらもちゃんと答えないとね.ということで,俺と助手席に乗っていた後輩はそこで「わきめも振らず一直線」路線から「にこやかフレンドリー」路線に方針転換.控えめに手を振ったり,「どうも~」なんて会釈しながら自分達なりに周囲の声援に応えたのでした.ここでラテン系の人たちなら身を乗り出して両手をブンブン振ったり,投げキッスの一つでもするんだろうけど,肝っ玉の小さい我々にはとてもそこまでする勇気はありませんでした(苦笑).

でも滅多に体験する事の出来ない事を体験できて,結構楽しかったです.多分来年以降は車両に回される事は無いと思いますが(ラッパ担当になっちゃったから),でも俺は車両担当の方がいいなぁ.
by tricocbko_98 | 2007-01-22 20:53 | ありきたりの日常 | Comments(0)