Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:車( 130 )

オイル交換

d0049594_0453036.jpg

 今日は出勤前の僅かな合間を使って車のオイル交換をしました.私は車のオイル交換時,上のようなチェンジャーを使ってます.これはオイルの量を調べるレベルゲージが入っている穴からチューブを差し込み,そのチューブでオイルパンからオイルを吸い取るもので,ジャッキアップとか面倒な事をせずとも交換作業が出来るので大変便利なアイテムです.

 ただ,車種によってはオイルパンの形状等により,オイルを吸い取る事が出来ない場合があるようです.購入の際はご注意を.私の車の場合,吸い出したオイル量が入れた時の量とほぼ同じなので,一応全部吸い取れているようです.バイクにも使えるかなと思いましたが,チューブが太すぎてダメでした(泣).でもバイクは車に比べそんなに大変では無いのでまぁいいかな.

 来月はエアクリかプラグの交換を予定しています.もう2万Km程走っているから,ぼちぼち交換していかないとね.
by tricocbko_98 | 2005-08-04 01:26 | | Comments(0)

アクセスパネルが逝きました

(高嶋○伸風に)姉さん事件です
我が愛しの通勤快速兼トランポが壊れました.正確に言うと後部のアクセスパネルのロックが壊れて,パネルが閉まらなくなってしまいました.
 壊れたのは帰社時,自宅まであと4~5キロのところで後ろからキコキコと妙な音がするので不審に思い,車を道端に停めて降りて後ろに回ったら,パネルがフルオープンになってました.
どうするか考えましたが,幸いここは山深いド田舎です.お巡りさんと出くわす事もそんなにありません.ということで,そのまま自宅まで帰っちゃいました(内緒ですよ).一応お巡りさんと出くわす確率を少しでも下げるため,いつも通る幹線道路を避けて細い裏道を乗り継いでコソコソ帰りました.
d0049594_2003023.jpg

 これが問題の部分,暗くて見にくいと思いますが,パネルがピローンと手前に倒れて中のエンジンが丸見えになってます.
d0049594_2034234.jpg
 
 本来ならばここにパネルのロックを引っ掛けるところがあったのですが,金属疲労と錆のため,根元からキレイに消えています.
d0049594_2061385.jpg

 さすがにこのまま放置して乗ってるわけにもいかないので,応急処置として針金で倒れないようパネルを固定しました.これで暫くは大丈夫でしょう(多分)

 人車共に受難の日々が続いています.なんでですかねぇ?天罰かなぁ.でもこんな品行方正な青年に天罰が下るなんておかしいですよねぇ.・・・・・・あれ?なんか画面越しに非難の声がいっぱい聞こえてくる気がしますが,空耳ですよねぇ,きっと.アハ,アハハハ~(汗)

 昨日『ディスカバリー』が無事空の彼方へ飛んでいきました.よかったよかった・・・・と思っていたら,また落下物があったそうですね.しかもまた外部燃料タンクから.前回の2の舞にならなければ良いのですが・・・・・.少し心配です.
 
by tricocbko_98 | 2005-07-27 20:20 | | Comments(0)

使ってないのに・・・・

 昨日保険(車とバイクの)が満期になるので,継続後の見積もりが届いた.今年も無事保険を使わずに乗り切ることが出来たので,すくすく等級も上がっている.これで年齢制限を上げればもっと安くなるな~,と一人悦に入っていると,ランサーの保険料が上がっていることに気が付いた.よ~く見ると『ランサーは事故が多いので保険料が上がりました』と書いてある.
 
 ランサーオーナーいい年して何しとると?!いくら飛ばせる車だからって無茶な運転しちゃあかんですたい!って俺も人のこと言えないか.

 それとも中古のタマ数が多くなって,若い人が乗るようになったせいかな.

 公道では自分の技量の範囲内で運転すべきです.いくら車が良くても結局運転する人間に全てがかかってくるのだから・・・・
by tricocbko_98 | 2005-07-21 09:42 | | Comments(0)

ぐじょ~

タイトル,入力ミスではありません(笑).peugeotをフランス語で発音するとこう呼ぶらしいです.昔教えてもらったことがあります.
 
 さてさてどんよりした曇りがちの日が続きますね.あんまり外に出る気にもならないので,最近会社から帰った後は部屋に引きこもってネットみたり,蔦谷書店から借りてきたファースト・ガンダムのビデオを見たりしてます.ちなみにこれ書いてる間も後ろで,『素人め!間合いが遠いわ!!』等と言う台詞が流れてました.
 
 この間98年のWRCのフィンランドラリーのビデオを見てたんですが,206WRC良いですね.とくに足回りが素晴らしい.このビデオではヘリコプターから空撮したカットが入ってるのですが,その中にバンプが連続して続くセクションでの206とimprezaの走行シーンが入ってます.そこで両車の走行を比較してみると,車の動きが全然違います.imprezaの方はバンプで車が跳ねて着地した後,サスが衝撃を吸収しきれていないせいか,少し挙動が乱れます.まぁ,あれだけのスピードで走り回っているんだから,そういう動きが出ても別におかしくは無いのですが.しかし206は違います.バンプを超えて車が着地した後も全然挙動が乱れません.何事も無かったかの如く走っていってしまいます.
 実はこのシーン,今までに何回も見てるんですが,見るたびに感心させられます.

 206WRCのサスペンションは確かpeugeotの社内で作っていたと思いますが,確かにWRCにデビュー前の下馬評は高かったです.しかしこれほど違うとは思わなかった.あの時206が強かった理由が分かる気がします.
d0049594_22331845.jpg

 写真は2002のGBにイタリアのグリフォーネからスポット参戦したロッシの206.この時は残念ながらリタイアに終わってしまいました.ちなみにグリフォーネはかつてデルタやセリカを走らせていたこともある名門チームです.
 
 しかし307は結果が出ませんね.TVとかで見てるとグロンホルムがボロクソに言っているのをよく目にします.まぁあれだけトラブルが多ければ文句の一つも言いたくなる気持ちもわかりますが.良い車を作れる力を持っているのだから頑張って欲しいです.
 でももうじき撤退しちゃうんですよねぇ.残念です.
by tricocbko_98 | 2005-07-12 22:41 | | Comments(0)

速さと楽しさは別の話

 
d0049594_22272932.jpg

今日は友達と食事をする約束で,久々にランサーにのって出動.いや~相変わらずの優等生ぶり.パワフルなエンジン,高荷重をかけてもしっかりふんばってくれる足回り.そしてよく効くブレーキ.どれをとってもほとんど文句がない.しかし,・・・何かがもの足りない.運転しててもあまり楽しいと感じないのだ.

 ランサーにはACD,AYCなどの,ドライビングをサポートしてくれるハイテクデバイスがついている.そのため,ドライバーは運転席でただハンドルを切って,スロットルを開けるだけで車は狙ったライン上を素晴らしいコーナリングスピードで駆け抜けていく.これはこれで確かに素晴らしいことだが,運転を楽しむという点から言えば,これはあまり楽しく無い運転の部類に入るだろう.
 その点ランサーの前に乗っていたFRの車は,発進時にちょっとスロットルを開けただけでリアタイアがスピンするくらい,トラクションのかかりにくい車だったが,飛ばさず普通に走っているだけでも運転が楽しくなる車だった.特に雪道で初めて0カウンターのドリフトでコーナーを曲がれたときは,「あぁ俺はスロットルコントロールだけで車曲げてんだ」と感動した覚えがある.

 もう一度,運転が楽しい車乗ってみたいなぁ~.
by tricocbko_98 | 2005-06-30 22:41 | | Comments(4)

retroなパトカー

 最近は会社へ行くのにちょいと遠回りして,同じ町内の高原経由で会社に行くのがマイブーム.高原に上がっていくワインディングを車の窓全開にして走っていくと,涼しい風が車の中にも届いて来て大変気持ち良い.
 さて,今日もいつものように高原へ向かって車を走らせていると,向こうから珍しいパトカーが下って来た!ベースの車はなんと・・・これだっ!
d0049594_0164469.jpg

 スバル・アルシオーネ!一般の車でもなかなかお目にかかれなくなってきたのに,まさかパトカーにお目にかかれるとは思いもしなかった.とっさに携帯で写真撮ろうかと思ったんだけど,運転中に携帯いじってるのをお巡りさんに見咎められたらマズイなと思い,あえなく断念.
 
 どこで使ってるのかな?多分ウチの町の駐在さんかなぁ.最終型が91年だから最低でも13年くらいは経ってる車をいまだに使ってるってことか.いかにも田舎町の駐在っぽくっていいねぇ.

 でもこれはある意味警察の鏡,いや,公務員の鏡といってもいいんでないだろうか.官給品を長持ちさせることにより,無駄な出費を抑える.素晴らしいことじゃないですか.ちゃんと整備してればこのくらい持つのだから警察署も無駄な買い替えしないでいかに長く使うかを考えるべきだ.

 駐在さん,アンタはエライ!
by tricocbko_98 | 2005-06-24 00:29 | | Comments(2)

少しでも長く乗るために

 今日は車屋さんへランサーをお預けしてきた.今回の入院は「下回りの防錆処理」.
こないだミッションオイル交換のときリフトであげてもらったら,下回りに錆が出ている所を何箇所も見つけた.去年の車検の時に防錆処理はしてもらっていたんだけど,塩カルの猛威はそれを凌ぐ勢いのようだ.

 ということで,もう一回防錆処理のやりなおし.今回は錆の浸透をおさえるスプレーを噴いてもらったあと,防錆スプレーをまんべんなく噴いてもらうようお願いした.

 ドイツの車は防錆処理がしっかりしている.偶然VWのGolfの下回りを覗く機会があったが,防錆のパテみたいなのが下回り全体にベッタベタ塗りたくってあった.やっぱあれくらいたらないと錆は防げないよなぁ.

d0049594_21334779.jpg


 今回仕様する防錆剤,noxudolというやつで,ボルボの純正防錆システムにも採用されているらしい.その肩書きに期待しよう.
by tricocbko_98 | 2005-06-17 21:36 | | Comments(0)

おそるべしマタドール

 この間何気なくテレビを見てたらこの間行われたWRCのトルコラリーが放送されていたので何気なく見入ってしまった.結果から言うと優勝はシトロエンのLOEB.今季も7戦中5勝という圧倒的な戦いぶり.これは今年のタイトルも決まりかな.それよりも驚きなのはこの人ですよ.この人!
d0049594_21583339.jpg

 ”El Matador”Saintz!7ヶ月ぶりにドライブするXsaraをなんと4位に入賞させてしまった.今季シトロエンのセカンドドライバーのF.Dubalが不振なのでCitroen Sportの総帥G.Frequelinがトルコのみのスポット参戦をsaintzに要請,そしてその期待にこたえ,ちゃ~んとマニュファクチャラーポイントを獲得してくるという・・・・・なんとProfessionalな仕事ぶりでしょう.確か闘牛士も今年で御歳43歳.全盛期に比べて確実に衰えが来ているはず.それなのにまだ一線級の実力を維持しているなんて.凄いぞSaintz!
 それとも今の若手がふがいないだけなのかな?
d0049594_22244137.jpg

 saintzといったらこの車でしょう.1992年型ST185の『赤パンダ仕様』.
by tricocbko_98 | 2005-06-15 22:29 | | Comments(3)

オイル交換

d0049594_20313472.jpg

 いや~,今日も噴いてます浅間山。活火山は煙を噴いていない時より噴いている方が安定しているというので健康そのものというところ。人間も火山もお通じが良いと健康というのは同じですな。
 
 さて今日は予定通り車のミッション&デフオイルの交換へ。やっぱり1年も同じオイル入れているとそれなりに汚れてる。最初ほぼ透明だったオイルが綺麗な琥珀色に変わってた。やっぱり1年に一回はキチンと交換しないと駄目だね。
 ということでミッション&デフオイルの交換は無事終了。新しいオイルもGL-5という最高レベルのオイルを入れてもらったので一安心。
 やっぱり信用してお任せできるお店があるのって有難い。いいお店紹介してもらいました。
ichikawaさんありがとう!
 
 最後にちょっと気になったのが下回りの錆。ワタシの想像以上に錆がついているところが多い。対策として錆の侵食をピシャリと防ぐスプレーがあるらしいので,そのスプレーが入荷次第吹いてもらう様にお願いした。ついでにFブレーキの導風板も。これは多分冬にお山へ遊びにいった時,氷の塊でもひっかけたのだと思う。右の導風板が大きくもぎ取られていた。

 乗り物の維持ってお金かかるなぁ・・・。
by tricocbko_98 | 2005-05-31 20:47 | | Comments(0)

個性の無い車

d0049594_10171614.jpg

 昨日会社から帰ってきてTVを見ながら食事をしていた時のこと。
ランサーの最新モデル,Ⅸの特集がやっていたのでちょっと注目。特に欲しいとかいうことでは無いが,同型機のオーナーとしては最新機種の性能はちょいと気になる。
 技術的な解説は見逃してしまっので,インプレッションだけは見ることが出来た。ワインディングを走る姿を見ると,やっとウイング無しでもラリーカーっぽく見えるようになったなぁ,と感じる。
 ワタシの車はウイング取っ払うとまるで普通のセダンだ。
 そしてインプレッションの終盤,テスターの人がこんな一言。「ワタシならステアリングをもう少しスローにして足をもう少し柔らかくしますね」。
 
それって普通の車に戻しちゃうってことじゃないのかな?
 
 テスター曰く,世の中にはエボに乗りたいけど,あの過激(そんなに過激かな?)な外観等に気が引けて購入に踏み切れない方が世の中にはいっぱいいらっしゃるらしい。エボリューションモデルはあの外観,あの性能だからこそ,エボリューションたりうるんじゃないの?それを万人受けするために角を丸くするような真似をするのはちょっと如何なものかと・・・。
 そういえば最近出てくる車って基本的にどれも似たりよったりで面白くない。外観は違うけど中身は同じ,みたいな。(実際フレームとか同じ場合もあるんだけど)
 これだけ世の中にいろんなモデルが出回っているんだから,メーカーも1台1台にもう少し的を絞った車(言い換えれば個性のある)を出すべきだと思う。
 この分じゃ次の車のエボになりそうですな。でもインプレッサも一度乗ってみたい。あ,外車もいいかも。・・・・・・と金も無いのに色々夢想しつつ眠りにつくのでした。
d0049594_10404626.jpg

 三菱さん,お願いですから内装だけはもう少しなんとかしてください。いや,まぁラリーベースの車なんだから質素な内装でも良いとは思うんですがね,それでも一応市販車なんですからもうちょい凝ったデザインにしても良いと思うんですが・・・。そこらへんどうなんでしょ?
by tricocbko_98 | 2005-05-26 10:48 | | Comments(0)