Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:時計( 12 )

CHRONOLOG 09


先週末,長野のbasis speciesへ,breitlingの2009年モデルのカタログ「CHRONOLOG 09」をもらいに行ってきました.
d0049594_9362434.jpg

今年はF-100スーパーセイバーが表紙です.
ちなみにF-100は「エリア88」でミッキー・サイモンが始めに乗っていた
飛行機です・・・・って言っても誰も知らないか(笑)

今年のカタログは旧西側・東側を含めた,戦闘機が載っています.
それこそF-22ラプターからMig-17まで.
戦いに使われるモノに使う言葉ではないかもしれませんが,
ホントに綺麗だな~って思う写真ばかりです.
d0049594_94387.jpg

こういう飛行機達を駆って大空を自由に飛び回れたらさぞ気持ち良いでしょうね.
そういえばこないだアメリカで空を飛べる車が初飛行に成功したらしいです.

一家に一台,自家用飛行機があり,隣町まで飛行機でスイッとひとっ飛び.
なんていう時代は,意外とそう遠くない将来にくるかもしれませんね.

って,全く時計のハナシしていないし(笑)
by tricocbko_98 | 2009-04-18 09:51 | 時計 | Comments(0)

進歩してるのかなぁ

昨日は会社の新年会.12時頃から始まった宴はその後2次会,カラオケ,3次会と続き,帰途についたのは夜中の23時を回った頃.11時間以上延々と飲んだくれてたって事っスね(笑)
でも色んな人から意外なハナシが聞けて面白かった.カワサキのZ2を持っている人.ずっとクルマ一筋に趣味を絞っていたと思っていた人が,実は海外一人旅したり,スカイダイブしたりと色んな事に挑戦するチャレンジャーだったこと.ハリウッドのレッドカーペットに出てくるような長~いリムジンに乗った事があるという隠れセレブがいたこと.
形は様々だけどみんなそれぞれ中身の濃い人生を歩んでいることがよくわかりました.
自分ももっと頑張らなくちゃね!
d0049594_2185451.jpg

そして今日はオーバーホールから上がってきたナビタイマーを引き取りに長野のbasis speciesへ.Yさんからナビタイマーを受け取り,オーバーホールの内容を説明してもらいました.
d0049594_21483587.jpg

修理内容を示したカルテ.交換した部品が図示されています.今回交換したのは・・・・
d0049594_21505584.jpg

ゼンマイを巻くためのローター内のベアリング(軸受け)と
d0049594_21521396.jpg

時針を回転させる筒車と呼ばれる歯車です.
一般的なオーバーホールのほかにケースのポリッシングも依頼しておいたので,時計は新品同様にピカピカツヤツヤしてます.眺めていてもとても気持ちが良いです.お願いしてヨカッタ(嬉)

3年毎にオーバーホールに出していて今回のオーバーホールが2回目.購入してから6年が経ったことになります.この時計は社会人になったときの記念に自分に買ったもの.6年前の自分と比べて今の自分は成長しているのかな.ちっとは一人前になったのかな.
そう自分に問いかけてみると,少しは進歩しているかなとも思うし,ぜんぜん変わっていないんじゃないかなと思う部分もあるし・・・・・微妙な感じ(苦笑)
3回目のオーバーホールにこの時計を出したときに同じ質問を自分に問いかけたとき,
「Yes!オレはすんごく成長しちゃってるぜ!」と自信を持って答えられるようになっていたいものです.
by tricocbko_98 | 2009-01-11 22:06 | 時計 | Comments(0)

breitling avenger seawolf

注文から待つこと2ヶ月強.当初「納品まで4ヶ月ほど見てください」と言われていたのでこのタイミングでの到着は驚きでした.
d0049594_21144659.jpg

生涯2本目となる腕時計.ブライトリングのアベンジャー・シーウルフです.
チタン製のケースにイエローのダイヤル.ラバーストラップの組み合わせ.う~ん,夏を連想させますね(笑).3000m防水を誇るだけあってケースは頑健そのもの.ケース厚もかなりあります.ナビタイマーと比べるとその差ははっきり分かります.でも材質がチタン製なので,見た目ほど重さは感じません.ここらへんがちょっと残念なところですね.外見相応の重みを感じながら身に付けていたかったので.これを受け取りにいったとき見せてもらったパネライのダイバースタイプの時計はケースもシーウルフ並にゴツく,そしてズッシリとした重みを感じました.でもいいんです.シーウルフの見た目の迫力はそれを補ってあまりあるほどです.
d0049594_21195955.jpg

実際身に付けてみた感じ.もう,何かこう,「カタマリ」がドンッと手首の上に乗っかっているという感じですよね.実際,気をつけていないと時計が周りのものに引っかかります(笑).更にイエローのダイヤルが迫力の演出に一役買っています.最初選んだときは「ちょっと派手かな」と思いましたが,もともと時計の外見自体に迫力があるので,かえってこちらの方が良かったかもしれません.

一本目のナビタイマーはあまりにも瀟洒すぎて身に付けているときも結構気を使う部分があり,骨董品を扱っているような感覚を覚えましたが,今回のシーウルフは本当に「道具」としてガンガン使い込んでもよさそうな頼もしさを感じます.これからが楽しみです(笑)
by tricocbko_98 | 2008-03-16 21:28 | 時計 | Comments(2)

レンジャー復活

最近仕事が忙しくてなかなかブログを更新することができませんでした.
仕事が忙しいってことは当然ストレスも溜まるワケでして,今日はそのストレスを発散しに久々に時計屋さんに足を運んできました.いやいや久々に足を運ぶとアチコチ目移りしてしまって困りました.「あ,アレいいな~.でもコレもいいね.」みたいな(笑).まぁ欲しがる分にはタダですから幾ら欲しがってもいいんです.でも今回は欲しがるだけでは飽き足らず,ついに購入に踏み切りました.
久々のローンレンジャー発動です(笑).何を買ったかはナイショです.ブツが届いたらお披露目します.

で,ついでに次の手に入れる候補も決めてきました.
d0049594_18175946.jpg

IWC・インジュニアです.お店で現物を見せてもらうまでは全然ノーマークだったんですが,現物を見て気が変わりました.まずこの時計の性能が素晴らしい.「8000A/mの耐磁性」.8000A/mがどれだけ凄いのか知りませんが,耐磁性というなんともマニアックな分野で最高の性能を誇っているのがなんとも言えず最高です.そしてデザイン.殆ど曲面がなく,平面のみで構成されたケース.ここまで無骨なデザインの時計は初めて見ました.身に付けてみるとそのデザインに違わぬ適度な重みがあり,それに加え分厚いケース厚のお陰で,凄い存在感を発揮してくれます.でも無骨でありながらダイヤル表面に細かい模様が彫られていたりして,あちこちに細かい気遣いを感じさせる工夫が施してあります.見れば見ると虜になる,そんな時計です.思わず今日2度目のレンジャーに変身しかけましたが(笑),そこは理性を総動員して抑えました.

面白いモノも見れて仕事のストレスも解消できたし,良い週末でした.
後は注文した時計が来るのを首を長~くして待つのみです.早くこないかな~.
by tricocbko_98 | 2008-01-27 18:35 | 時計 | Comments(2)

LUMINOXが虫の息です

d0049594_19444668.jpg

俺のセカンド・ウォッチとして活躍しているLUMINOXの動きが最近どうも怪しいです.10秒程沈黙を保った後,一気に5秒ほどワープします(笑).どうやら電池が切れ掛かっているようです.その息も絶え絶えに動く姿があまりにも刹那過ぎるので,とりあえず竜頭を引っ張って針が動かないようにしておきました.

という事で電池交換をしたいのですが,悲しいかな近所に認定販売店がありません.関東近辺にはゴロゴロあるんですけどね.電池交換くらいなら別に販売店でなくともそこらの時計屋さんにお願いすればチョチョイとやってくれそうな気もしないではないですが,確かLUMINOXの発光システムにはトリチウムだかポロニウム・・・・は無いですね.とにかく放射性物質が使われているので,うっかり持っていくと「そんなアブナイものここへ持ち込まないでください!」とか言われそうだし,出来れば電池交換のついでにO/Hと,使い込んでボロボロになったベルクロのストラップを頑丈そうなダイバーズのラバーストラップに換えてもらいたいので,そうなると認定販売店に出すしか無いのですが・・・・・さて困った.

探してみると,少し遠いけど軽井沢のショッピングモールに販売店があるようです.
週末は激混みという噂のショッピングモール.人ごみが嫌いな自分には出来れば足を運びたくない場所ですが,この際そんな事は言っていられません.週末行ってこよ.
by tricocbko_98 | 2007-01-25 20:04 | 時計 | Comments(0)

Breitling Emergency

d0049594_2371933.jpg

ついに,コレが日本でも手に入るようになりました.Breitling Emergencyです.このモデルは俺がBreitlingを知る前から存在するモデルであり,breitlingのラインナップの中で一番手に入れたい一本です.が,その最大の魅力となる機能があまりにも特殊であるがゆえに,今まで日本では発売することが認められていなかった腕時計です.

日本で売られてなければ買うことも出来ないじゃん!という事で,時計購入の際は候補にも上らなかったEmergencyですが,この度日本でもEmergencyが発売されることになったそうです.こないだ送られてきたbreitlingからの情報誌でそれを知ったときは思わず買ってしまおうかと一瞬本気で思いましたが,よくよく最後まで読んでみると,購入対象者はある資格を持つ人しか購入できないという事がわかり,一瞬火がついた俺の野望はあえなくボヤ程度で鎮火したのでした(ガックリ)

さて,この購入対象者というのは,要約すると,パイロットの資格と無線従事者の資格を持つ者のみにに限られます.そして購入の際にも電波法に基づいて免許を取得するなど様々な手続きが必要となり,さらに晴れてオーナーになってからも,年一回検査を行う事が義務付けられています.たかが腕時計一本買うのにこれだけ煩雑な資格、手続きが必要となるあたりに,この時計がいかに特殊な時計であるかが表れています.

既に知っている人もいるかと思いますが,このEmergencyは世界初の遭難信号発信器付き腕時計です.遭難した際にケース左下にあるキャップを外してアンテナを引き出すと,引き出した瞬間から48時間,121.5MHzの国際救難信号を周囲の空間に向けて発信し続けます.その信号の届く範囲は,地形にも左右されますが平地なら160Kmの範囲まで届くらしいです.

Breitlingは「Instruments for Professionals」というコンセプトを掲げていますが,この救難信号発信機能は,まさしく航空機運用のプロ,パイロットの為の機能です.ていうかパイロット以外使っちゃいけないだろ!ていうくらい重要な機能です.船乗りやアルピニストにも必要かもしれませんね.そういう命にかかわる重要な機能を持つ時計ゆえ,所持,扱いに関してもオーナーに厳しく管理することが求められるのです.だから,breitlingがこのような厳しい資格,検査を設けるのも理解できます.

理解できるけど,やっぱり一度は手に入れてみたいなぁ.どこかに抜け道はないものか・・・・・・・・なんてyヨコシマな事は考えちゃいけないですよねぇ.ハハハァ~・・・・ハァ~ァ,なんとか手に入らないものか(ぶつぶつ)
by tricocbko_98 | 2006-11-27 23:49 | 時計 | Comments(0)

スペース・ウォッチ

d0049594_20215941.jpg

先日FBMに行った際,コスモノートを付けた方を発見して,暫し時計ネタで歓談しました.
久しぶりに見たコスモノート,いいですね~やっぱり.アラビアインデックスが「24」まで刻まれた文字盤が,この時計の特殊な生い立ちを物語っています.コスモノートはNASAの「マーキュリー計画」に参加した宇宙飛行士,S・カーペンターに用意され,彼とともに宇宙飛行を経験したモデルです.昼夜の区別が出来ない宇宙において,正確に時間を把握するために昼夜の区別が一目で分かるよう,24時間表示にしてあるのです.

しかし,宇宙では誠にありがたいこの表示も,地上の実生活では,12時間表示の時計と勘違いしてうっかり時間を読み違えた,なんて事もあるようで,俺が話していたオーナー氏も,よく読み間違えると仰っていました(笑).

それでもこういうエピソードを身に纏った時計には未だ強い憧れがあります.別に身に着けたからといって自分が宇宙に行けるワケではないですけど,それでも何故か惹かれるんですよね~.下の写真も,かつて宇宙飛行士と共に宇宙へと飛び立ったモデル.SinnのM.142です.これもドイツ製らしい質実剛健なモデルで,ドイツ国境警備隊の対テロ特殊部隊・GSG9にも制式採用された時計です.残念ながら生産終了となってしまったので,手に入れるのが難しくなりましたが,機会があれば手に入れたいモデルの一つです.
d0049594_20492179.jpg


ちなみに,先ほど書いたオーナー氏のコスモノートはカーフ(革)のストラップでした.俺のナビタイマーのステンブレスを見て,「ブレス欲しいんだけどなかなか買えないんだよ~」と仰っていました.でも,ナビタイマーやコスモノートみたいなモデルには,ステンブレスよりも,黒のカーフの方が合う気がします.逆に俺の方は「カーフのストラップ欲しいんですけどなかなか買えないんですよ~」とオーナー氏に言ってました.お互いがお互いの時計についてるモノを欲しがる不思議な状態(笑).まぁ「隣の芝は青く見える」なんて諺もありますが,でもカーフのストラップ,欲しいなぁ.
by tricocbko_98 | 2006-10-31 21:11 | 時計 | Comments(0)

見てると欲しくなるものです

d0049594_10175243.jpg

ブライトリングから不定期で送られてくる情報誌「インフォ・ブライトリング」が先日届きました.
今回の内容は防水時計についての製造者のインタビューと,今年のBASEL FAIRで発表された新作の紹介などなど.

時計の防水にOリングを用いたのはブライトリングが初めてなんですね.ちょっと驚きました.今では当たり前の技術なので,もっと昔から使われているものだと思っていたので.じゃあそれまではどうやって防水を施してたのかな?

そして,今年の新作.
新作は全てクロノグラフのみだそうで.
その中で気になったものが何点かあったので,それらについて一言感想を.
d0049594_10322984.jpg
BLACKBIRD
ブライトリングの主力であるクロノマットからの派生モデル.今回はサブダイヤルがふち無しになったことで,文字盤の黒色が一層強みを増している.時計全体から感じる印象もだいぶ引き締まったように感じる.

d0049594_10405383.jpg
AIRWOLF
B-1の後継モデル.後継モデルが出る話は聞いていたので,このモデルはちょっと気にしていました.B-1は好きな時計だったので.
基本的な形状はB-1を継承しているように思える.時計の機能についても同じ.文字盤とケースバックの形状が変わっているのが外観状の主な違い.特にケースバックのタービン形状はかなり凝った造りになっているようだ.裏側なのでなかなか人に見せられる時が無いのがやや寂しいところだけど(笑).

特に気になったのはこの2点.最近は時計なんて全然欲しいと思わなかったんだけど,写真とか見てると不思議と欲しくなっちゃうんだよねぇ(おい!).navitimerのローンも完済してることだし・・・・・(おいおい!).もし買うならどれにしようかな?でもダイバースの時計も欲しいしなぁ.ブライトリング以外の時計もちょっと気になるし.ここはもう少し我慢して憧れのバセロン・コンスタンティンを手に入れるか・・・・・(こらこら!).う~ん悩むなぁ(悩むなよ!金も無いのに!!).

今日も俺の中では欲に突っ走る自分と,理性を保った冷静な自分が日曜討論よろしく激しく議論・・・いや漫才を繰り広げているのでした.我ながら平和ですねぇ(笑)
by tricocbko_98 | 2006-06-22 11:05 | 時計 | Comments(2)

複雑なのもいいけれど

昨日,ブライトリングから定期的に送られてくる会報誌「インフォ・ブライトリング」が届いた.今回の中身は時計の製造工程の紹介がメイン.今の時代,どうせ加工の大半は機械加工なんだろと思っていたんだけど,どうやら機械加工を行っているのは穴あけの部分のみで,大半は手作業による工程らしい.担当者の人曰く,「機械で作るためには形を数値化せねばならず,そして数値化にも限界がある.人の手で描かれた微妙な形状を再現するには機械加工は向かない」という事らしい.という事で現行のメインモデル,クロノマット・エボのケースは鍛造の段階であらかたの形になっており,ほとんど職人の手作業だけでこの形に仕上げていくんだそうな.
d0049594_182547.jpg

すげー.まさに根性と忍耐の世界.スイス人の職人魂おそるべし.

さて,社会人一年目にnavitimerを手に入れて以来,早4年.ぼちぼち新機種の導入をと考えてるんだけど,なかなか決心がつかない.まぁそう簡単に手に入れられる品物でもないし.
でも数年前からど~しても気になる時計が一つあるんだなぁ.
d0049594_18215622.jpg

同じくブライトリングのアベンジャー・シーウルフ.ちなみシーウルフ(seawolf)とは大型の肉食の魚を指すらしい.間違っても「潜水艦だ!」と言ってはいけない.向こうも魚から名前拝借してるので.

お話戻ってこのシーウルフ,見た目のインパクトがかなりある.なんと言ってもゴツいのだ.機械式時計では最高の耐水性(3000m)を誇るだけあってケースは頑丈.厚みもnavitimerの14.6mmに対し18.4mmとかなり厚い.以前時計屋さんに置いてあったのを手につけさせてもらった事があるんだけど,普通の腕時計は手の上に,大げさに言えば「ペタッ」と張り付いているのに対し,シーウルフは手の上に「ボコッ」とのっかっている感じ.これは迫力ですよ~.
でもケースの素材がチタンなので,手につけていても重さを感じることは全然ない.しかもクロノグラフに比べてシンプルな3針計なので,少々ラフに扱っても大丈夫そうな感じ.

最初navitimerを選んだ理由は,クロノグラフであるのは勿論だけど,その他に航空計算尺など,色んな機能が詰まってて,その機能美に魅せられたから.その選択は間違ってなかったし,今でも大事に使っている.でもず~っとクロノグラフばっかり見てると,たまにはシンプルな機能と無骨なデザインの時計もいいな~と思ってしまう.この微妙な感覚.理解してもらえるかな~.(笑)あ~なんか書いてたら物欲の虫がうずうずしてきたぞ.他にも欲しいものがいっぱいあるし.

やっとローンの方も減らしてきたのに,またローンレンジャーに変身かな?これは.
by tricocbko_98 | 2005-11-16 18:45 | 時計 | Comments(4)

LUMINOX

d0049594_1727508.jpg

 修理に出してから数ヶ月,やっとLUMINOXが手元に戻ってきました.
d0049594_17291392.jpg

 秒針の先に四角い物体がついているの見えますか.今回もトラブルはこの四角い物体が秒針から外れてケースの中で踊っていてたものです.この四角い物体は『ルミナイトシステム』といって,トリチウムガスを詰め込んだカプセルです.このカプセルがべゼル,文字盤,針などに配置されています.これらは自発的に長期間(約25年)発光し続けるので,従来の蓄光型に比べ長時間,良好な視認性を確保しています.
 実際に使っていていても,夜間の視認性はとても良く,しかも時間とともに光が弱くなる事が無いので非常に具合が良いです.

 ただ,トリチウムは放射性物質の範疇に含まれており,国内での整備する事は法律で許されてないので,今回のようにケースを開けて秒針を交換するだけの簡単な修理でも,工場のあるスイスまで送って向こうで修理してもらわなければならないのです.非常に面倒ですが,このルミナイトシステムの視認性と,精度の良いムーブメントが搭載されていることによるメリットを考えれば,これくらいのデメリットは仕方無いかなと思います.実用的な時計としては申し分無い性能を備えていると思います.

 これで俺の持っていた時計は全て手元に戻ってきました.いや~良かった良かった.ちょっと時間が知りたい時に腕時計があるのと無いのでは大分違います.時計が手元に無いときはかなり不便でしたが,これでそれも解消される事でしょう.

追記
 放射性物質とっても被爆するようなレベルのものではないので,私がこの時計をしている時に近くにいても大丈夫ですよ(笑).


 
by tricocbko_98 | 2005-08-07 17:50 | 時計 | Comments(0)