Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:ありきたりの日常( 310 )

2010年始動!

大変遅れましたがあけましておめでとうございます。
年末年始は野沢へスキー合宿行ったり,飲み会行ったりと,
例年通り飲んで食べて遊びまくってました。
昨日も会社の新年会でお昼から夜中まで騒いでました。
さすがに疲れました(苦笑)

さて,2010年が始まりました。
今年はどんな年になるんだろう・・・いや,どんな年にしたいんだろう?
d0049594_116118.jpg

窓の向こうには青い空が広がっています。
でも窓の前には鉄の柱が,向こう側に行くのを阻止するかのように立ちはだかっています。

なんとなく,自分の心の様子を象徴しているようです。
その窓を開ければ,今までと違う,新鮮な世界が広がっていることを知っている。
でも,その窓を開ける勇気がなくて,結局自分で窓の前にバリケードを立てている。

曖昧な表現でスミマセン。
でも今年はそのバリケードを取り払い,窓を開けて新しい世界に飛び込んでいける,
「飛躍」の年にしたいなぁと思っています。

今年も宜しくお願いします。
by tricocbko_98 | 2010-01-11 01:26 | ありきたりの日常 | Comments(2)

子供の本質

先週末,職場の同僚のご家族と雪遊びに行ってきました。
パパはボクのmotoに初挑戦。
ママと子供達はソリ遊び。
パパはなかなかセンスがあり,moto初トライの割には,
なかなか上手に滑ってました。でも止まるとき毎回転んでたけど(笑)

子供達は初めてゲレンデに来たと言う事で大はしゃぎ。
彼らは兄と妹の2人兄妹なんだけど
最初は「スキーじゃなきゃヤダ!スキーできないなら行かない!」
な~んてゴネてたお兄ちゃんもフタを開けてみれば,
ニコニコしながらソリでダウンヒルしてたし,妹ちゃんもキャッキャ言いながら
雪面の上でゴロゴロ転げまわってるし。二人とも初めてのゲレンデ遊びを
満喫していた様子。

しかし,子供のあの無尽蔵のスタミナはどこから出てくるんだろう。
パパはリフト2本目で早くも音を上げてたけど,子供達は
走って上ってソリで滑り降りてきた後,またニコニコしながら走って
ゲレンデを駆け上がって,そのループが何回も続くんです。
ホントに子供の体力て凄いなと思う。

一方ウチの両親は近所のそば屋でボクの小学校時代の恩師に遭遇。
昔ボク達がお世話になってた頃の先生はとてもアツい人で,自分でギターを
かき鳴らしながら,生徒一人一人をネタにした即興歌を歌ってしまう,
ユーモアに溢れたとても良い先生だったんだけど,会ったときは何となく
疲れている感じで,あんまり会話も弾まなかったようです。
両親も当時の先生の事を良く知っているので,あまりの
変わりようにビックリしたと言っていました。
教師がうつ病になるケースが増加しているという話も聞くので,少し心配です。

色々な人から昔に比べ今の子供達は問題が多いなんて話聞くけど,
でも子供の本質って今も昔も変わっていないと思う。
変わったのは育てる側,親の考え方なんじゃないかと思うんです。
子供を育てた事の無い自分がこんなこと言う立場じゃないとは思うんだけど,
雪面で無邪気に雪と戯れる子供達を見ると,何となくそう感じました。
by tricocbko_98 | 2009-12-22 23:49 | ありきたりの日常 | Comments(0)

d0049594_12292558.jpg

久々に本屋で本を買ってきました.
「Powderski」って本.
表紙の写真の綺麗さに魅かれてつい・・・・
お金も無いのにねぇ~(苦笑)
でも,自然に作られたフィールドの中を自由自在に滑るのは気持ち良いでしょうね.ボクもスキーをやりますが,最近は圧雪車で作られた人工的なフィールドばかり滑るのがつまらなくなってきて,たまにコースから外れて圧雪車の入ってない自然のままのフィールドへ敢えて突っ込んでみたりします.でもまだまだ真っ白な雪面に自分の意のままにラインを描けるというレベルではなくて,どっちかって言うと,四苦八苦しながらやっと滑って降りている状態(笑).でもスゲー楽しい!もっと上手くなって,自由自在に滑りまわれたらもっと楽しいと思うのですが・・・・それにはもっとウデを磨かないとね.

折角本屋に行ったので,ついでに他の雑誌もパラパラと立ち読みしてきました.
勿論バイク関係も.
d0049594_12393397.jpg

自分も一応R1乗りですから,『最速王座決定戦』とか書いてあると,今のリッタースポーツで速いのはどこのヤツか興味があるので,ついつい目を通してみたくなります.
見てみると意外に今年のR1は厳しい評価がされていますね~.テスターの総合評価で国産メーカーSS4台中3位.じゃあ何?『最速王座決定戦』というタイトルからするとR1は遅いのか?と思って内容を読んでみると,テスターの多くは峠で速く走れそうなのはR1だと記事の冒頭では言っている.じゃあ何で評価が低いんだろうと内容を読んでみると,「R1は設定が高すぎて公道では危険だから」とか,「エンジンの放出する熱量がハンパでない」とか「燃費が悪い」とか.でも,それって「最速」ていうテーマとは違うんじゃないのかな?燃費が悪かろうが,熱かろうが,速ければ「最速」というテーマを掲げて論じている以上,高い評価を受けるべきじゃないのかな~?

掲げられたテーマと,評価の内容,方法に違和感を感じました.

ちなみにR1乗りとして一言言わせてもらうと,確かに燃費は悪い(笑).夏もエンジンからの放熱が足を焦がします.(寒い日はヒーターとして重宝しますが)でも,周りに比べて特別遅いバイクとは思わないし,何より,乗り手が跨ってるだけで勝手に走ってくれるんじゃなくて,乗り手がちゃんと操作してやらないと走ってくれない部分が気に入っています.以前友人に自分のR1を貸して乗ってもらったら,「こんな曲がらないバイクよく乗れるね」ってビックリされた事がありました.でもそれはバイクが曲がらないんじゃなくて,バイクが曲がるようにちゃんと操作して挙げて無かったから曲がらなかったんです.

乗り手を選ばず誰が乗ってもそれなりに走っちゃうバイクは工業製品として優秀だと思います.でも,バイクを操ることを趣味と捉えるならば,乗り手にそれなりの技量を要求してくるバイクの方がボクは面白いと思うし,そういうバイクに乗っていたいと思います.

何だかんだ言って,こんなにいっぱい書いちゃうあたり,やっぱり自分もR1好きなんですねぇ(笑)
by tricocbko_98 | 2009-11-22 13:08 | ありきたりの日常 | Comments(2)

アウシュビッツ

金曜日はお仕事で上京.そのまま従姉妹夫婦のお宅に行って,今日は一日従姉妹宅で過ごしてました.最近は週末もゆっくり休める日がなかったので,今日は久々にのんびり過ごすことができました.自分の家じゃないのに,全く気を使わずにリラックスできる空間を提供してくれた従姉妹夫婦に感謝です.

滞在中,いろいろな話をしてきたんだけど,最も印象的なのは,動物の話.
今日本では年間45万匹もの動物が保険所で殺処分,つまり殺されています.理由は様々だけど,大抵のケースは飼い主の身勝手な理由で捨てられてしまったのが殆どです.例をあげれば,病気になった動物を病院に預けてそのまま引き取りに来なかったり,もっと酷いケースになると,軽井沢の別荘に避暑に来る時のためだけにペットショップから買ってきて,避暑が終わって帰るときにそのまま別荘地に捨ててくるケースもあるそうです.保険所に保護されたり,引き取られた動物達はそこで3日間預けれられ,その3日間で飼い主が現れなかった場合,殺処分されます.彼らに何も原因はないのに,飼い主の無責任且つ身勝手な理由で,毎年45万もの命が失われているんです.

昔第2次世界大戦のとき,ドイツにアウシュビッツ強制収用所というのがありました.そこでは数多くのユダヤ人が殺されています.大抵の人はアウシュビッツ強制収用所は人類の負の遺産.悪しきものと認識していると思います.でも,動物の殺処分,これもやってることはアウシュビッツと変わらないのではないでしょうか?

ドイツでは,動物を飼うのに厳しい審査があるそうです.仮に審査をパスしたとしても,毎年税金を納めねばならないそうです.つまり「動物を飼うにはそれ相応の覚悟がいるよ」というのを法律で国民に示しているんだと思います.そのお陰でドイツでは殺処分される動物は殆どいないそうです.

動物は高級車や一流ブランドのバッグでもありません.我々と同じで生きているんです.その価値も分からないクセに動物なんか飼うなと言いたい.殺される動物はペットとして飼われる動物以外にもいっぱいいます.でも,ペットとして飼われる動物の殺処分は必要があるのか?飼う方がもっと責任を持って,最後まで面倒を見れば多くのケースは回避できるのではないか?動物の殺処分を行う職員の人には,心が病んでしまう人がたくさんいらっしゃるそうです.その筈です.本当なら奪いたくない命を,奪わなければならないのだから.

下の動画で日本の殺処分の実態が紹介されています.
辛い現実だけど,できれば見て,こういう世界が現実に存在することを知ってほしいと思います.
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=-1_35lhrjLo

ボクは数年前,大事なパートナーを失くしました.今でも思い出して泣く時があります.でも長く一緒にいれば自然と愛情が湧くのは当たり前じゃないでしょうか?ボクは事情があって,今動物と暮らすことができません.
でも時が来たら,また動物と一緒に暮らしたいと思っています.そのときは,保健所から引き取って来たいと思っています.45万のうちのたった一つの命だけでも助けたいと思うから.従姉妹夫婦も捨てられた動物の保護団体に募金や物資を届けたいと言っていました.でも,飼い主が,世話をしている人達が動物の,命の価値を正しく認識すれば,それだけでこんな悲しい現実は世の中から消えていくのではないでしょうか?
by tricocbko_98 | 2009-11-07 23:35 | ありきたりの日常 | Comments(4)

蜂の巣

うちの父親は,実は蜂の巣ハンターです.
年に数回,知り合いや隣人の依頼を受けて,蜂の巣を取って来ます.
この間も,弟の友人からの依頼で,蜂の巣を取りに行ってきました.
その際取ってきたのが,下の写真のヤツ.
d0049594_20404112.jpg

最初見たときの第一印象.「・・・・デカッ!!005.gif
何回か取ってきた蜂の巣を見せてもらったことはありますが,これはケタ違いのサイズ.
ガラスケースの中に入れてどこかに展示しておいても良いほどの,見事な蜂の巣でした.
残念ながら写真を取った後,壊されてしまいましたが.

それにしてもこんな大きい蜂の巣が民家の近くにあったと思うと・・・・
ゾッとしますね.
by tricocbko_98 | 2009-10-25 20:44 | ありきたりの日常 | Comments(0)

イノチノチカラ

この2ヶ月間に起きた事について,やっとここで書ける状態になりました.

実は8月に身内が事故に遭って意識不明の重体になり,その関係でずっとバタバタしてました.当初は生死に関わる重傷と医師から説明され,正直最悪の事態も覚悟しつつ,その後の経過を見守っていたのですが,幸いにも一命は取り止め,今は意識も戻って四肢も動く状態まで回復しており,最初治療を受けていた病院からリハビリ専門の病院に転院して治療を受けている段階です.半年のリハビリでどこまで元の状態で戻れるかは正直分かりませんが,まずは命を取り留めてくれた事,生きてくれたことに感謝したいと思います.

しかし,身内の意識が戻り始めてからの回復ぶりは本当に素晴らしかったです.最初は長期戦になると言われていたのに,実際には事故に遭ってから2ヶ月も経たないうちに一時帰宅が許されるまで回復してしまいました.このときは命の持つ力の大きさを実感しました.人間って実は凄いパワーを内に秘めているんですね.でも本当はこれからが社会復帰に向けた本当の戦いです.長いリハビリ生活になると思いますが,その中で本人がモチベーションを下げたり,挫けたりしないよう,可能な限りバックアップしていこうと思っています.

心配してくださった皆さん本当にありがとうございました.
by tricocbko_98 | 2009-10-24 22:24 | ありきたりの日常 | Comments(0)

ベルルッティ

おひさしぶりです.
半月前に始まった業務プロジェクト・・・まぁプロジェクトって言う程のものじゃないですが・・・
が昨日やっと終わりました.この間ほとんど休みも取れない状態でしたが,
その状態ともやっとオサラバです.

この間にあった主なトピックについて,書いていこうと思います.
少し前ですが,東京・青山にある
ベルルッティ」というブランドのお店で開かれた,
とあるレセプションパーティに参加してきました.
d0049594_12311677.jpg

本田技研の本社ビルの向かい側にある青山ツインタワーの一階,通り沿いに面した一画に
そのお店はありました.ベルルッティというブランド自体この仕事に携わるまで全く知らなかった自分ですが,現場に行ってビックリ.パーティの参加者は,ジュエリー,アパレル,メディア各界の著名人が一杯.展示してある商品も,高価な品がずらり.普段自分が買い付けている靴や鞄とは桁が違います.よく雑誌やTVなんかで目にする華やかな世界が目の前にライブで展開する様は驚きの連続でした.

最初は何も飲まずに帰るつもりでしたが,お招きしてくれた取引先の方に,
「今日出ているシャンパンは上物ですよ~,飲んでいった方が良いですよ~」
と説得(?)されて,グラスを4杯ほど空けてきました.最初の志はどこへやら・・・・・
でも美味しかったです.

最近は,仕事の内容が変わってきた関係で,色んな業界の人達と知り合う機会が増えました.仕事がきっかけですが,自分が今まで生きてきた世界とは違う色んな世界が覗けて楽しいです.その経験を自分が何かを考える際の視点の広さに繋げられれば良いんだけどなぁ.
by tricocbko_98 | 2009-10-12 00:19 | ありきたりの日常 | Comments(0)

近況報告

どうもお久しぶりです!
最近まで時間的にも,精神的にも余裕がなかったので,
まったく更新する気力も起きなかったのですが,
最近すこしづつ余裕がでてきたので,またポツリポツリと更新していこうと思います.
で,この間何があったかについては,また後日報告するとして・・・・・

乗り物関係のラインナップで変更がありました.
通勤,ツーリングにと活躍していたスーパーテネレを手放すことにしました.
初めてのビッグオフ.高速道路から林道まで,色々な場面に幅広く対応し,
ツーリングの幅を広げてくれたテネレ.
特にダートでのあのロケットのような加速はサイコーに気持ち良かったです.
できればずっと手元に置いといて,
あちこち手を入れながらずっと乗り続けていたかったんですが・・・
どうしても手放さなければならない事情ができたため,止む無く手放すことにしました.
暫くはムリだと思いますが,またいつの日かビッグオフ使いとして復活できればと思っています.

で,テネレを手放したあと,通勤用の足として手に入れたのが・・・こちら!
d0049594_2226553.jpg

リアハッチに貼られた「Dangan4」のステッカー.
多分「ダンガン」なんで面白い名前つく車はコイツだけ.
これを見ただけで何を買ったかわかっちゃった人もいるのではないでしょうか?
d0049594_22355084.jpg

三菱のミニカ・ダンガンです.
お世話になっている車屋さんから,破格値で売ってもらいました.
幾らで買ったかは,企業秘密ということで(汗)
でも前からず~っと欲しかったんですよね.
通勤とかに使える使い勝手の良いクルマが.
でもそれがダンガンになるとは思いませんでしたが.

さて,そのダンガン君.購入前から「速い」とは聞かされていましたが,
その噂に違わぬ走りっぷりを披露してくれています.
なんせ一速でアクセルペダルをグッと踏み込むと,
4輪が「キュキュ~ッ」とスピンしながらスッ飛んでいきます.
軽4でホイルスピンしたクルマはこのクルマが初めてです.
傾斜がきつい菅平へ上る道も,
アクセルペダルをさほど踏み込まずとも走って行っちゃいます.
軽トラだと結構開け開けで行かないと走っていかなかったんですが.
ここまでパワフルだとは思わなかったです.軽4ターボ,恐るべし.

恐れていた燃費も15Km/ℓくらいで,思ったよりは悪くない感じ.
毎日峠道走ってこのくらいで収まるなら良い方かなと思います.

でも軽4ターボが真価を発揮するのは,何と言っても雪道.
今のうちにお金貯めて良いスタッドレスタイヤ買っておこ!
by tricocbko_98 | 2009-09-22 23:03 | ありきたりの日常 | Comments(2)

近況報告

どうもお久しぶりです.
更新ずっとサボっててスミマセン.
ちょっと身内にアクシデントがあって,それでドタバタしてて更新できませんでした.
元通りの生活サイクルに戻るのに少し時間がかかりそうなので,
日記も不定期になるかもしれません.
でも止めるつもりはないので,ちょっとづつ更新していこうと思っています.

この件に関して,色んな人から励ましのお言葉をメールで頂きました.
なかなか返事を返す余裕がなくてごめんなさい.
でもとても励みにさせていただいてます.
ありがとうございます.

これからもマイペースで少しづつ更新していきますので
よろしくおねがいします.
by tricocbko_98 | 2009-08-29 00:07 | ありきたりの日常 | Comments(0)

positive thinking

今日は仕事でメッチャ凹むことがありまして・・・・
いや,別に何か失敗したとか,そういうことじゃないんですけど,
今度自分が対応する仕事を請け負うにまでの経緯に,どうしても
納得できない部分があって,仕事へのモチベーションもガタ落ち.
夕方,仕事放り出して帰ろうかどうか迷っていたときに,
くらちゃんからディナーのお誘いが.
ハイ,お疲れ様でした(笑)

晩飯を食べながらその日の顛末を話すと,
くらちゃんからは意外とポジティブな反応が.およ?およよ?
彼のハナシを「ふんふん」と聞いていると,段々アタマの思考も
ふんふん化されてきて,「うん,それもありかも」
と思えるようになってきました.
なんて洗脳されやすい性格なんだろう(笑)

でも確かに明日以降も続く仕事,くさくさしながらやっても全然楽しくないし,
結果も出ない.

なるたけ前向きに考えて,楽しくお仕事できるように考えながらやっていた方が
ナンボかマシかもね.
明日からはまた気持ちを切り替えてがんばります.
くらちゃんありがとう.
by tricocbko_98 | 2009-07-24 00:18 | ありきたりの日常 | Comments(2)