Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

<   2005年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

速さと楽しさは別の話

 
d0049594_22272932.jpg

今日は友達と食事をする約束で,久々にランサーにのって出動.いや~相変わらずの優等生ぶり.パワフルなエンジン,高荷重をかけてもしっかりふんばってくれる足回り.そしてよく効くブレーキ.どれをとってもほとんど文句がない.しかし,・・・何かがもの足りない.運転しててもあまり楽しいと感じないのだ.

 ランサーにはACD,AYCなどの,ドライビングをサポートしてくれるハイテクデバイスがついている.そのため,ドライバーは運転席でただハンドルを切って,スロットルを開けるだけで車は狙ったライン上を素晴らしいコーナリングスピードで駆け抜けていく.これはこれで確かに素晴らしいことだが,運転を楽しむという点から言えば,これはあまり楽しく無い運転の部類に入るだろう.
 その点ランサーの前に乗っていたFRの車は,発進時にちょっとスロットルを開けただけでリアタイアがスピンするくらい,トラクションのかかりにくい車だったが,飛ばさず普通に走っているだけでも運転が楽しくなる車だった.特に雪道で初めて0カウンターのドリフトでコーナーを曲がれたときは,「あぁ俺はスロットルコントロールだけで車曲げてんだ」と感動した覚えがある.

 もう一度,運転が楽しい車乗ってみたいなぁ~.
by tricocbko_98 | 2005-06-30 22:41 |

整備が出来ない工学系

 皆さん昨日の写真を見て何か気付きませんでしたか?いくつか示したpartsの中で,一つだけまだ未装着のものがあったでしょう.Works Connectionのframe guardsです.他のはちゃんと装着後の画像があったのに,何故これだけ床の上に店ひろげた画像だったのか?と疑問に思った人は・・・・多分いないですね.

 勿論付けようと思いましたよFrame Guards.はりきって工具箱からアーレンを持ってきて,手始めにリアのブレーキマスターをフレームに取り付けている所のキャップボルトを外そうとしました.ボルトのうち一本はちょっと固着気味でしたがなんとか取れました.しかしもう1本のボルトが固着してて取れません.そのうちこちらも意地になってきて,「何としても外してやる」と思い,力いっぱいボルトを回そうとしました.すると,「ヌル」という嫌~な感触と共に工具だけ回ってしまいました.やってしまいました.ボルトの頭の六角溝がナメてしまいました.その後30分位格闘しましたが結局回る気配が全然無し.
 ということで最後の頼みの綱,marscheさんに救援を要請することにしました.電話で予め症状を話して,ボルトを緩めてもらうお願いをしました.これが月曜日のお話.
 
 そして今日,仕事が終わった後,速攻で家に帰り,WRを我が通勤快速マッシ~ン,営農サンバーに積み込んでmarscheさんが待っている某ガレージへ向かいました.ガレージに行くと早速marscheさんが作業を初めてくれて,30分位でちゃんとボルトを外してくれました.  
 ボルトを外してくれたmarscheさんと,場所及び機材を貸してくれたガレージのownerであるブローカーさんにこの場を借りて改めてお礼を言います.ありがとうございました.

 尚,ブローカーさんはこちらでレーサーのRC45を出品中です.もて耐とかに参戦を考えている方は如何でしょう?他にも何点か面白いものを出品されているので,是非覗いてみて下さい.特に出品リストの真ん中あたりにある腕木式の方向指示器は必見です.一体どこからみつけてきたんでしょうかねぇ?

 しかしワタシはなんでこんなに整備がてんで駄目なんでしょう?確かに手先は人並み以上に不器用ですが,どうもそれだけではないような感じ.段取りが悪いのかな?いつも何かやるたんびに必ず誰かに助けてもらっているような気がします.ちなみに巷では「機械おんちの高専出身者」として有名です(笑)・・・・いや!笑い事じゃありません!このままでは学費をどぶに捨てたも同じです.せめて人並みに整備が出来るようになるため,明日から精進するです.押忍!
by tricocbko_98 | 2005-06-29 21:37 | バイク

WR小変更

 
d0049594_18441270.jpg

 転倒時にスイングアームを保護するグラフィックデカールをヤフオクから買ってきた.N-styleのYamaha of Troyのレプリカデカール.専用設計なので,切った貼った等の追加工は一切無しで貼ることが出来た.これで少々の転倒ならスイングアームを守ってくれるでしょう.
 
 更に先週末にはR&J importさんに注文していたRenthalのbar padとWorks connectionのframe guardsが手元に届いた.
d0049594_20303634.jpg
 
d0049594_20311579.jpg

 お値段は長野県東部のある地域だけ急激な円安ドル高が進んでいるようで,bar padとこないだ買ったハンドルが¥105,000(!),frame guardsが¥104,000でしめて合計¥209,000(!!)・・・・のところ良心価格90%cut offで¥20,900でした.あぶないあぶない.あやうくア○ムに駆け込まなきゃいけないところでした.
 最初の値段は勿論冗談で,もとから¥20,900円なんだけど,当然口だけの冗談じゃ納まらない.家でパッケージから品物を出しているとき,ふとパッケージの裏側を見てみるとこんな数字が・・・・。
d0049594_20353883.jpg

 ・・・・ひふうみい,あれ?こころなしゼロがひとつ多いような気が・・・・・.そこではたと気が付いた.わざわざこんなところにまで10万4000円と書いておくとは・・・・.

芸が細かすぎです!

 誰が書いたのか特定すべく輸入屋さんからワタシの手元に届くまでに携わった人の顔を一人一人思い浮かべてみるが・・・・・

やばい,全員やりそうじゃん

輸入屋さんも含めて皆この手のネタが好きそうな人達ばかりだ.
 うかつに一人的を定めて聞いてみて人違いだったなんて事になったら今度はそれをネタに何を言われるか分からない.「ふぅ~ん,キミはボクがそういう事をする人間だと思ってたんだね?あっそぉ」なんて言われた日にはたまったもんじゃありません.
 こういう時はどうすれば・・・う~ん・・・・,やっぱりここはぁ~無視が一番でしょう.世の中には知らない方がいいことがいっぱいあります.これもその一つです.
 
 オラ知らんもんね~.裏に何が書かれていたかなんて知らんもんね~.
by tricocbko_98 | 2005-06-28 20:53 | バイク

野山駆け巡る一日

 今日は昨日の珍道もとい林道ツーリングのレポート.
今回の林道ツーリングはワタシの自宅近くの林道でまだ行ったことの無い林道があるので,そこに行ってみましょう!ということで,お仲間の皆さんにはるばるわが町までご足労願った.遠方から来る人,ガレージの奥からバイクを発掘しなければならない人,など,こちらに来るまでが大変な方がいるので,集合時間はやや遅めに設定.ワタシは今回発起人兼ガイドなので,集合時間の10分前には集合場所に行って,他のお仲間が来るのをお待ちしていた.集合時間の10時頃になると,一人一人メンバーが集まってきて,10分過ぎくらいには皆揃っていた.皆さん遊びとなると時間に正確ですね~.さすがです!
d0049594_21341567.jpg

 出発前の様子.不思議なことに,写真を撮ろうとカメラを向けたとたんにみんなめいめい明後日の方向に顔が向いてしまった.不思議ですねぇ~.まぁ,こんな事書いてる本人も,カメラを向けられると逃げ回る類の人間ではあるが.

 各々準備が整った所で林道へ向けて出発.途中ガソリンスタンドで給油した際,「ハイオク」と言ったのに何故かレギュラーを入れられてしまうハプニングもあったが,なんとか林道の入り口まで到着.早速1本目の林道へGO!林道に入ると,空気が一気に涼しくなった,先程までの暑さが嘘のようだ.やっぱこれからの季節,昼間は林道に逃げ込むに限る!
 結局この林道は枝道が幾つかあるが全て行き止まりであり,林道自体の長さも短いことが分かった.う~ん,残念!その後,もう1本林道を走り(すげ~短いヤツ)午前中は終了.新ルート発掘は残念ながら失敗におわった.午後はいつも走っている長めの林道に行く事にし,その前に昼食を取るべく同じ町内の高原まで登っていった.どうせ食べるなら眺めの良い所がいいな~と思い,昼食を取る場所はスキー場のゲレンデのてっぺんに決定.実はこのゲレンデのてっぺんまで登っていく道が午前中では一番面白かった.
d0049594_2150942.jpg

 長閑な風景でしょ?緑一色の草原の向こうに広がる雄大な景色.実に気分爽快.日ごろのイヤ~な出来事もさっぱり忘れちゃう.やっぱり林道ツーリングはこうでなくちゃ.日向に居ても空が薄曇なのと,高原の涼しい風のお陰で暑さを感じることは全然ないです.快適そのもの.
d0049594_21563919.jpg

 同じ場所で違う角度からもう1枚.バイクの向こう側で談笑しているお仲間サン達の姿が見えます.なんかこう・・・如何にも休日!って感じの写真です.

 昼食を食べた後,暫く休憩してから午後の部スタート.最初に行き止まりの林道(距離ちょっと長め.路面サイコ~)を一本走った後,高原からワタシの自宅近くまで降りられる林道を走った.ワタシの自宅のところには2本の長い林道があり,両方とも高原まで続いている.上手くすると,高原まで登って帰ってくるループコースにもなる.ちなみにワタシはこれらの林道をかの有名なケニーランチにちなんで「○内ランチ」と心の中で呼んでいる.

 林道で高原から降りたあと,売店の前で小休止してから,今日(昨日です)のシメとなる林道へ移動した.この林道は距離が5km以上あり,非常に長い林道.これで最後なので,ちょっと集中して走ろうと思い,途中の小休止地点までろくに後ろも見ずに走った.小休止ポイントに着いて後ろを見ると誰もいないので,「しめしめ,振り切ってやったゾ」とほくそ笑み,給水してから,皆がこちらへ走ってくる所を撮影しようとカメラを持っててぐすねひいて待っていたが誰も来ない.しょうがないから自分のバイクを1枚撮影した.それが下の写真.奥の道のほうからお仲間が出てくるハズだったのだが・・・・.
d0049594_22165217.jpg

 ところが5分くらい待っても一向に来る気配が無い.さすがのワタシも「何かあったんじゃなかろうか」と心配になり,迎えに行くことにした.正面衝突の危険もあるのでソロソロと進む.ところが,行けども行けども一向に姿が見えない.距離が進むにつれ「もしかして皆一斉にガケに落ちちゃったかな」とか本気で心配し始めた.ホントはバ~ンと飛ばしていきたい程焦っていたが,前述のとおりそんな事が出来る訳も無いので,必死に我慢しながらソロソロ進んでいった.分かりますかこの感覚!なんかこう・・・・真綿で首を締められているような感じ.嫌ですよ~すんごく.そんな事考えている間にも距離は進み,とうとう入り口付近まで来てしまった.その頃にはワタシの頭は真っ白白になりかており,「やっべー,もしかして入り口で俺が『バーン』ってスロットル開けた時,飛び石が体に当たって,それで怒って帰っちゃったのかな?!」などと訳のわからんことまで考え出す始末.
 実は,この林道に行く前に談笑してた時,ある人が林道で仲間とはぐれて,再会した時に「逃げたかと思いましたよ~」と言っていたという話をしてて,「そんな事言えるのはあの人だけだよね~」等と笑っていた.笑っていた理由はその人の場合,走る場所,ペースがハード過ぎて誰もついていけないのだ.逃げたくなる人もいるだろうなぁ~というのがその理由.
 そしてこの時,ワタシはこの「逃げたと思った」という感覚が少し理解できた気がした.そこまで精神的に追い詰められていたのだ.
 それだけに,入り口付近に皆の姿が見えたときは全身の力が抜けるような感じがした.結局お仲間さんの1台のリアタイアがパンクして途中で引き返してきたという事で,誰もガケに落ちたりはしていなかった.ヨカッタ~.
 
 そしてパンクしたバイクを引き上げにきてもらう間,林道の入り口で談笑し,引き上げに来た車が到着すると同時にバイクを積み,その場で流れ解散となったのである.

 ということで,例によっていくつかのハプニングはあったけど,誰も怪我することなく無事に買って来れました.発起人兼ガイドのワタシも一安心です.まぁガイドっつっても何もガイドらしいことはしていませんでしたが.

 今回一緒に行った皆さんお疲れ様でした.また行きましょう.今回怪我や用事で一緒に行くことの出来なかった人も次回は行きましょうね!

 それでは,おやすみなさい
by tricocbko_98 | 2005-06-27 22:46 | バイク

至らない点

 今日は私にとって軽視できない問題があったのでそれについて.
私の数多くの欠点の一つに「言動,応対」があります.私は自分でも嫌になる位ガサツかつ横暴なところがあり,目上の人に対して適切な応対・言動がとれていないことが多々あります.それについて今日ある人から忠告を頂きました.
 
 忠告を受けるという事は,私の悪癖が目に余る状態になっており,もはや見過ごすことの出来ない問題になっていると私は判断しました.

 ゆえに,私は今後応対・言動についてセルフコントロールにつとめ,2度と同じ指摘を受けないよう努力する所存です.私の周りにいる皆さんにも私の言動・応対についてもしおかしな点があれば躊躇なく指摘して下さい.ひいてはそれが私の為にもなるので.

 この件についてblogに書くべきかどうか迷いましたが,これは私にとっては大きな問題であり,この問題について忠告を受けた事を2度と忘れないためにも,blogに書いて記録すると同時に,周囲の人にも知っておいてもらったほうが良いと思い,書きました.

 最後に,今までに私の至らない点で迷惑をかけた方にお詫びします.

 ・・・ちょっと暗い内容になってしまいましたが,勘弁して下さい.それではおやすみなさい.
by tricocbko_98 | 2005-06-26 20:32 | ありきたりの日常

写真

 
d0049594_23175867.jpg

 昨日ワタシのミスでアップ出来なかった写真をワタシの先輩である総統閣下のご協力によりアップすることが出来ました.閣下,感謝します!
d0049594_2326558.jpg

 これが昨日のツーリングに参加した3台.右から総統閣下特別仕様(?)04型YZF,bluefreak's YZF,そして涼しげな顔して実はムッツリスケベ,pink spider君のTRX850の3台.ちなみに右端でさりげなくポーズを決めてらっしゃるのがワタシの大先輩,総統閣下であらせられます.ワタシも思い切った買い物を結構するほうですがこの人には敵いません.『何かポーズとってくださいよ』とお願いしたら,こんなポーズをとってくださいました.物憂げな表情で何か遠くを見つめてらっしゃいますが,何を見ているんでしょうか.ワタシには林しか見えませんが・・・。
d0049594_23365996.jpg

 これがワタシ.久しぶりに1日時間を気にせずバイクで走り回れるので嬉しくて嬉しくて仕方ありません.休んでいる間もこの格好でウロウロしてました(笑).というのは嘘ですが,皆が木陰で休んでいる間『早く行きましょー』と一人やる気マンマンぶりをアピール.周りの人間から呆れられていたのは事実です.ちなみにワタシの後ろに半身が見えるのがワタシの元同期,pink spider君です.筋金入りのひねくれモノなのでカメラが向けられている時もそっぽ向いてます(笑).彼もなかなか個性あふれるキャラクターしてます.
d0049594_0131743.jpg

 04型R1のツーショット.何も示し合わせてないのにヘルメット,グローブをバイクの上に置く位置が同じです.更にヘルメットの向きまで揃ってます(笑).どういう事でしょう?行動パターンが同じなのかな?しかし,同じバイクが2台並んでいる姿はちょっとカッコいいですね.
d0049594_81754100.jpg

 pinkspider君のTRX850.乗ってみると非常に面白いバイクです.バンクさせようとしてその操作をすると,凄い勢いで倒れていきます.面白い事は面白いのですが,飛ばすにはそれなりの技術が求められるバイクです.
 以上,写真とそれぞれの写真に関してのコメントを入れてみました.次はちゃんと自前のデジカメで撮ってきます.
by tricocbko_98 | 2005-06-26 08:41 | バイク

Big mistake!

 さてさて,久々の自由な休暇.目一杯満喫してきました.早朝に家を出て,爽やかな高原の風を全身に感じつつワインディングを駆け抜け,1時間30分程ノンストップで走りつづけた後にドライブインで休憩.さてここらでblog用の写真でも撮らざぁ.とおもむろにカメラのスイッチをオンにすると,液晶の画面にこんなメッセージが.

「カードがありません」

・・・や,やってしまった.SDカードをPCのスロットに差し込んだままだった.カードの入ってないデジカメなんてトイレットペーパーよりも役に立たないじゃん!

 っつーことでゴメンナサイ.写真はall nothingです.幸い一緒に行った先輩がカメラ持っててくれたので写真は撮れているのですが・・・・.画像受け取り次第upするのでお待ちください.
しかし,今日のツーリングで一つ賢くなったゾ.ここで俳句を一つ.

「革ツナギ
     外は涼しげ
           中サウナ」

 革ツナギ着て走っている姿は外から見てると風を全身を浴びて走っているようで非常に涼しげだが,
とんでもねー
 サウナが好きな人はこの時期に革ツナギ着て日中外を出歩けば擬似サウナが体験できるでしょう.もうこれからはツナギ着て出かけるのは涼しい朝の間だけにしよう.

 何も写真が無いのは寂しいので,1枚だけアップ.
ツーリングが終わって家に帰り,バイクを洗っていると,車庫の影から何やら見慣れぬ動物の影が.ようく見るとうり坊(いのししの子供)のようだ.とりあえず携帯のカメラで1枚写真を撮ってから,家の人にも教えてあげようと思い,その場を離れたが帰ってきた時にはもういなかった.
撮ってきた写真をうちのおっかさんに見せたらカモシカの子供ではないかと言われた.そういわれればそんな感じにも見えるが・・・・。誰か分かる人がいたら教えて下さい.please!tell me!!
d0049594_22183596.jpg


どうです?家のまん前にうり坊が現れるなんて,都会チックなところでしょ?(笑)

 
by tricocbko_98 | 2005-06-25 22:19 | バイク

避暑に行って来ます

 タイトルどおり.
明日もとい今日は朝から山奥のワインディングへ避暑に行って来ます.もっとも革ツナギ着て出かけて避暑もへったくれも無いような気もしますが(笑)
 まぁそんな細かい事はおいといて,久々に自由時間のいっぱいある週末を過ごせそうです.
あ~すげ~楽しみ!
by tricocbko_98 | 2005-06-25 00:13 | バイク

retroなパトカー

 最近は会社へ行くのにちょいと遠回りして,同じ町内の高原経由で会社に行くのがマイブーム.高原に上がっていくワインディングを車の窓全開にして走っていくと,涼しい風が車の中にも届いて来て大変気持ち良い.
 さて,今日もいつものように高原へ向かって車を走らせていると,向こうから珍しいパトカーが下って来た!ベースの車はなんと・・・これだっ!
d0049594_0164469.jpg

 スバル・アルシオーネ!一般の車でもなかなかお目にかかれなくなってきたのに,まさかパトカーにお目にかかれるとは思いもしなかった.とっさに携帯で写真撮ろうかと思ったんだけど,運転中に携帯いじってるのをお巡りさんに見咎められたらマズイなと思い,あえなく断念.
 
 どこで使ってるのかな?多分ウチの町の駐在さんかなぁ.最終型が91年だから最低でも13年くらいは経ってる車をいまだに使ってるってことか.いかにも田舎町の駐在っぽくっていいねぇ.

 でもこれはある意味警察の鏡,いや,公務員の鏡といってもいいんでないだろうか.官給品を長持ちさせることにより,無駄な出費を抑える.素晴らしいことじゃないですか.ちゃんと整備してればこのくらい持つのだから警察署も無駄な買い替えしないでいかに長く使うかを考えるべきだ.

 駐在さん,アンタはエライ!
by tricocbko_98 | 2005-06-24 00:29 |

死に行く星からの贈り物

d0049594_8332741.jpg

 Star warsで惑星が爆発するシーンでも見ているかの画像.まるでCGでも見せられているような錯覚を覚えるが,これは実は実際に起きている現象である.
 これは「キャッツアイ星雲」と呼ばれている惑星状星雲だが,ガスのシェルが同心円状に幾重にも重なっている姿がはっきり見える.なぜこのような現象が起きたのかというと,太陽のような星が終末を迎えるにあたり,表面のガスを一度にではなく,ある一定の周囲へ放出しているからであるらしい.周期がどのようなメカニズムで決められているのかまだ定かではないが,この星雲の場合だ大体1500年くらいの周期で放出していたようだ.しかし,最近(といっても1000年前)になって突然パターンが変化し,内部にちりのシェルを作りはじめた.そのシェルは確実に大きくなっていることがハッブルの隔年観測で分かっている.
 太陽ような星の終末部分についてはよく分からない部分があり,この星雲はその謎を解く鍵を握るものとして注目されている星雲である.
 
 ワタシは今まで星の終末というと,膨れ上がった星がある日突然爆発し,周囲に大量のガスとちりをぶちまけて終わりだと思っていたが,星の種類によってはこんなに穏やかな終末を迎える星があることを初めて知った.
 今我々の頭の上に燦然と輝く太陽もあと何十億年か後にはこの星雲のような姿になっているんだろうなぁ.そのとき地球はどうなっているんだろう?もうとっくに消えちゃってるのかな?
by tricocbko_98 | 2005-06-23 09:06 | 天文