Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

<   2005年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ファンスキー

昨日から待望の年末休暇に入った.今年は遊ぶぞ~.
d0049594_0253511.jpg

ということで休暇初日の昨日は,会社の同僚と新潟の妙高杉の原スキー場へ行ってきた.前日に消防団の年末夜警で日付が変わる頃まで飲んでたので,あまり寝る時間がなく,それに加えてどうも二日酔いになってしまったらしく,体調はすこぶる悪い.果たしてこの状態でどこまでやれることやら.

ところで今回のスノーギアは当然スノーモト・・・・と言いたいところだが,妙高杉の原はスノーモトの滑走が許可されていないため,急遽ファンスキーを借りることになった.今までスキー一本でやってきた俺はもちろんファンスキーに乗るのは初めて.果たしてどうなることかとドキドキしながら滑り始めた.しかし意外とすんなり適合することができた.操縦特性がスキーと同じなので,最初は板長の短さに戸惑ったが,これも暫くすると自然に慣れて自由に滑れるようになっていた.自由自在に滑れる楽しさを久々に味わった気がする.スノーモトで苦労しているから尚更そう感じるのだろう.スノーモトも早くどこでも自由自在に滑れるようになりたいな.

その後は色々やった.新雪に突っ込んで身動きがとれなくなってる図
d0049594_0335350.jpg

一人がころんでる後ろへもう一人が突っ込んで悶絶している図
d0049594_10555878.jpg

ちなみに写っているのは皆会社の先輩方.いい年して皆なにをしてるんだか(笑).だが俺も人の事を笑ってはいられない.俺も久々に大転倒をかましてしまったからだ.

写真は無いので事の次第を超手抜きイラストでご説明しよう
d0049594_1155573.jpg
吹き溜まりをキッカーの代わりにしてワンメイクを決めようと思い吹き溜まりに向かう俺.
d0049594_119593.jpg

しかし飛ぶ瞬間,スキーの先端が吹き溜まりの中に突っ込んでしまい.
d0049594_11131875.jpg

頭からフロントダ~イブ(笑)
d0049594_11155855.jpg

見事に腹から着地(笑)

感じとしては水泳で飛び込みの際,腹から落ちた時と同じ感覚.落ちたあとは息が詰まり,ゴロゴロと転げまわった.見てた人に後から聞くと,飛距離は結構あったらしい.う~ん,次からはMX用のチェストプロテクターが必要かも.

そんな感じであっというまに時間が過ぎ,帰る時間になってしまった.スキーより取り回しがしやすいせいか,身体的な疲労は,転倒のダメージを除けば殆ど少なく,これなら朝から夕方まで滑っても疲れないかもしれない.それに,スノーモトで滑れないスキー場がまだあることを考えると,こういう道具も持ってた方が何かと便利だ.

ということで,初めてのファンスキーは滑走後に真剣に購入を考える程,意外と好印象に終わった.でもやっぱりそれなりに体は動かしていたらしく,これを書いてる今は体の節々が痛い.今日はどこも行かないでゆっくり静養しよ.
by tricocbko_98 | 2005-12-30 11:40 | ありきたりの日常

ダークマターで考えた,宇宙の可能性

FFのアイテムじゃないですよ(笑)

ちょっと前のニュースに,すばる天文台で2つの研究チームが,暗黒物質(ダークマター)とみられる塊から若い星が生まれる様子を観測したという記事がのっていた.

現在の天文学では,銀河を動かすためのエネルギーを得るには我々が目にしている物質の質量だけでは足りないことが分かっており,この足りない部分を埋めるのが,我々が目で確認することの出来ない物質,ダークマターなのだ.そして,このダークマターの質量が全宇宙の質量に占める割合は我々が目にしている物体の質量に総数より遥かに大きいことが知られている.つまり,宇宙にはまだ我々が目にしていない未知の物質がうようよ漂っていることになるのだ.なんとも不思議な話.

ダークマターの正体は具体的には不明だが,未知の素粒子という線が濃厚であるようだ.素粒子とは物質の最小単位で,それ以上細かく出来ない存在のことをさす.

実は,今の天文学は,基本的には推理と状況証拠で成り立っており,実際に目で見て確認がとれたことはあまり無い.あの有名な宇宙に始まりに関する理論「ビッグバン」も,数ある宇宙の始まりに関する仮説の中の一つでしかないのだ.現に,最近ビッグバン理論では説明のつかない観測事実が現れ,ビッグバン理論に対して疑問が投げかけられている.これからの新たな発見では,今まで正論とされてきた理論がことごとくひっくり返される可能性だって十分にある.

人類はもっと宇宙に対する調査,観測をもっと本腰を入れてするべきだと思う.ひょっとしたら,まだ知られていない未知の物質から,石油や原子力に代わる新たなエネルギー源が見つかるかもしれない.宇宙はまだそういう可能性がいっぱいあるのだから.

ニュースを見てふと感じたことでした.
by tricocbko_98 | 2005-12-27 21:47 | 天文

2nd round!

d0049594_190225.jpg

最近サンバー号に幌がかけられている.そしてその幌の中身は・・・・・
d0049594_1904896.jpg

スノーモト.これで会社帰り,あるいは会社に行く前(これはチト厳しい)にスキー場にふらりと立ち寄ってチラリ滑ってみることのできる環境が整った.会社帰りにスノーモトで軽く遊び,適度に疲れた体で家に帰りビールを一杯・・・・・あ~何て優雅な生活!俺も今日からセレブの仲間いりだぁ.

荷台に遊び道具括りつけただけでこれだけ人生バラ色に見えちゃうんだから,我ながら安上がりな人間だなと実感する.でもい~んだ.だって人生楽しんだモンが勝ち!でしょ?

ということで今日早速会社帰りにスキー場に寄って2度目のスノーモトにトライしてきた.今回は広い緩斜面で,ターンの練習をするのが目的.こないだ1回目の滑走を終えてから家に帰ってデモを見たんだけど,インストラクターの人は皆ラク~に曲がっている.俺なんかあっちこっちに力入れたり,足で踏ん張ってやっと向きを変えてたのに.これは絶対おかしい!ということで,楽に曲がれる方法を見つけるべく,いろいろトライしてみた.

でも今回は以外と早く答えが見つかった.まず曲がらなかった最大の原因は加速していくスノーモトに上半身がついていっていなかったこと.スピードが上がるにつれて,まだコントロールが不完全な俺は恐怖感を覚え,自然と上半身を後ろへ反らしてしまい,それがスノーモトのコントロールを難しくする原因になっていたのだ.意識して上半身を前に持っていくことによってこの問題は解決.あと曲がるときも,いままで俺は板を傾けることに意識が集中してしまいがちだったが,そうではなくて,曲がりたい方向へ腰を少しオフセットさせるようにすると,自然とスノーモトが向きを変えてくれることがわかった.

この2つの問題を解決した俺は,一応自分の思うままに,あるときは細かいターン,あるときは大きなターン,というように自由にスノーモトを操れるようになったのだ.今日の滑走はとても楽しかった!

それにしてもこのスノーモト,周囲からの注目度は乗っている本人が思うよりも高いようだ.今日のゲレンデはスキー合宿で来ている子供達がたくさんいたんだけど,その子達がこっちを見て
「あれ何?」
「チャリみたい」
「お前あれ欲しいんだろ~」
などと言ってるのが聞こえる.こないだ初めて滑りに行ったときも,俺を追い抜いていった子が何回もこちらを振り向いてたっけ.いや~人から注目されるのって恥ずかしいなぁ(^^)ヾ

でもそれだけ注目されてるってことは滑っているときも見られているって事だよな.ヤベッ!人に見られても恥ずかしくない程度に早く上達しなきゃ!明日も行ってこよ!
by tricocbko_98 | 2005-12-26 22:03 | スキー&スノーモト

たりぃ~

ここ数日は,気分的には年末休暇のつもりで過ごしていた.でも実際は年末休暇になるまであと数日は会社に行かなければならない.

あぁ~めんどい!

そういえば東海地方の皆さん地震は大丈夫でしたか?大雪で大変なところへ更に追い打ちをかけるかのように地震がきて,苦労された方もいると思います.ところで地震と聞いてふと思ったのですが,あの地震は,例の東海地震とは関係ないのでしょうか.場所が場所だけに,とても気になります・・・・・・.
by tricocbko_98 | 2005-12-25 21:06 | ありきたりの日常

ランサー号出陣

いや~降ってる降ってる.まだ降ってる.長野は昨日からしこたま雪が降っている.お陰で山はおろか,平地にも雪が結構積もっている.普通なら「困った困った」と顔をしかめるとこだが,何故か俺は雪が積もると妙にワクワクしてしまう.会社でも同僚と雪の話が出て,「ほんとこんだけ積もると困るよね~」とふられ「そうですよね~」と相槌をうつんだけど,心の中では「もっと降れ~」とか思ったりしている.いつか俺の心の内が周りに知れたとき,半殺しにされそうで怖い(|||- -)

さて,今日は雪が降ることを見越してランサー号で出勤.そして見事に読みがあたり,夕方から雪が降り始め,帰る頃には見事に路面が厚い雪の層に覆われていた.これはお山も期待できるぞ!と思い,そそくさとお山へGO!

お山へいくと,路面は完全に雪に覆われ,スノードライブを楽しむには絶好のコンディション!・・・と言いたいところだけど,ちょっと多すぎ.降雪量に除雪作業が追いついていないようで,自分の車で積もる雪をラッセルしながら走るような感じだった.

今季初のランサー号でのスノードライブ,第一印象は・・・「タイヤが食いつかね~」.タイヤの食いつき加減はサンバー号の方が高いようだ.やっぱスタッドレスとはいえ,235なんていうワイドサイズじゃ面圧が低すぎてグリップしないのかな.今度換えるときは,できるだけ細いサイズのタイヤにしよ.

とはいえ,進入時に多めに舵角をきってすぐにアクセルを開けずに待っていると,するするとリアが外に流れていって楽に向きが変えられる.去年は早くスライドさせて向きを変えようと思い,まだ車が曲がり始めてもいないうちからアクセルを開けていたため,車があれよあれよと外側へはらんでいって肝を冷やした事が何度もあった.今年は車が向きを変え始めるまで待って,それに合わせてアクセルを開ける事を心がけているので,去年感じた怖い思いは,今年は一度も味わっていない.雪山へ遊びにいくようになって3年目で,やっと雪道を走るコツが掴めてきたかな.といってもまだまだ未熟な部分が山ほどあるけど(苦笑)

そんな感じで自分なりにスノードライブを満喫してたら,ランサーの軍団が徒党をなして登ってきたので,小心者の俺は尻尾を巻いてさっさと降りてきてしまった.走った時間は短かったけど,気持ち良く走れたの俺としては大満足のスノードライブだった.
d0049594_1341753.jpg

一走りしてきた後のランサー号.この写真を見てもらえば,雪の降る量の凄さが分かるでしょ?

そういえば今週末はクリスマスなんだっけ?今年はほとんどのところでホワイトクリスマスになりそうですね.皆さん良い週末をお過ごしください.

メリークリスマス!
by tricocbko_98 | 2005-12-24 01:41 |

春を心待ちにさせるアイテムたち

久々のバイクネタ.
今日も外は真っ白.とてもバイクに乗って遊べるような状態じゃないんだけど,それにも関わらず今月はバイク関係の用品をしこたま買ってしまった(^^)ヾ
d0049594_10271382.jpg

新しいブーツとYZF用のバックステップ.ブーツについては何回か書いてきたので,今更何もいう必要はないだろう.ちゃんと試し履きしてから買ったのでサイズもぴったり合ってる.とりあえずワインの瓶を突っ込んどいて型が崩れないようにした.ただ,トゥスライダーがネジどめってのがちょっと(冷汗).走る度に増し締めしろってこと?

バックステップは今回初めて買ったアイテム.自分で使ったことは無いので何とも言えないが,人に話を聞くと,換えるとバイクに乗った感じが大きく変わるらしい.まぁ自分の体格に合わせてポジションを変えられるんだから,この効果は大きいでしょう.ちなみにバトルファクトリーを選んだのはmailmanさんからの助言をかなり(ていうかそのまんま)参考にさせて頂きました.mailmanさんありがとございます!

さて,次はいよいよ金色の・・・・・・ゴホッ!ゴホゴホッ!

それではまた.
by tricocbko_98 | 2005-12-23 10:38 | バイク

冥王の統べる国へ

昨日は暗~い話題だったので,今日は地球上の諍い事から目を移し,遥か地球の彼方の事に関するおはなし.

NASAでは今「ニューフロンティア計画」なるものが推進されている.「ニューフロンティア計画」とは,太陽系探査に関する種々のプランの中から,最重要と思われるミッションについて幾つかピックアップして,それを実行に移そうという計画だ.

選考の際には7つのプランが出され,NASAはそのうちの2つを実行プランとして選択した.その第一弾である冥王星探査に用いされる探査機「ニューホライズン」が来年1月(つまり来月)打ち上げられることになった.

予定では来月打ち上げられた探査機は,2015年の半ばごろに冥王星に到着し,冥王星本星や衛星カロン,カイパーベルト天体についても調査を行う.冥王星に探査機を送り込んで直接探査を行うのはこれが初めてなので,今まで分からなかった部分についての解明が多いに進むことが期待される.

冥王星ってどんな星なんだろ?そういえば木星や土星と違って冥王星は「コレッ」ていうイメージがない.ということでネットで探してみたらこんな感じの写真しか出てこなかった.
d0049594_0373723.jpg

d0049594_038044.gif

どうやら謎の星というのは本当のようだ.星のディテールが分かるだけでも大きな前進となるだろう.

果たして冥王星に冥府の王プルートンやさらわれたデメテールの娘,ペルセポネーはいるのかな?
(上の話はギリシア神話の中のお話です.こういう神話のお話も結構好きです)
by tricocbko_98 | 2005-12-22 00:45 | 天文

チベット

今日は少しまじめなお話.

いきなり質問です.下のおじさんは誰でしょう?
d0049594_0324869.jpg

答えはダライ・ラマ.正確にはダライ・ラマ14世になる.ダライ・ラマは今は亡きチベットの国家元首であると同時にチベット仏教の最高指導者でもある.

このダライ・ラマ,観音菩薩の化身とされ,転生を繰り返すことによって現世において人々を救済してくれるとされている.つまり,先代のダライ・ラマが亡くなると,別のどこかで新しいダライ・ラマの化身を産声をあげるのである.ではどうやって新しいダライ・ラマの化身を見つけるのかというと,その見つけ方がとても興味深い.

先代の王が亡くなると,国のお抱え占い師が,新しいダライ・ラマの生まれる場所やその化身の特徴を予言する.そして,予言で指摘された場所へ行き,予言と特徴が合致する幼子を探すのだ.そして特徴と合致する子が見つかったらそれで終わりかというと,そうではない.ここから前世の記憶を持っているか確かめるための試験が行われる.どんな試験かというと,先代ゆかりの品とそうでないものを見せて,遺品に手を伸ばすか,そして遺品を先代と同じように扱うか確かめる.全ての試験にパスした子が先代の生まれ変わりと認められ,新しいダライ・ラマとなるのだ.

俺はこのダライ・ラマの話も含めてチベットという場所,文化が大好きだ.人が入るのを拒むかの如く高い山々に囲まれた国は,それだけで何か神々しいものを感じる.また,チベットは近代まで鎖国をしていたため,国内では独自の文化が発達し,それが一層チベットという国の魅力を引き立てていた.しかし,中国が一方的に侵攻し,支配している今では,独自の文化は失われ,俗化が進んでしまっている.

最近チベットの様子をTVで見る機会があったが,チベットの首都,ラサの象徴的建造物であるポタラ宮の真下には幹線道路が通っており,街中にも中国からの観光客があふれ,古き良き昔の,俺が本を見て憧れたチベットの姿はどこにも見当たらなかった.

いつだか中国で反日デモが高まった時,デモに参加していた人々は日本を侵略者とし,自分達は被害者というような顔をしていた.確かにそれは事実だ.我々は過去に中国を侵略した事があり,それについては何の異論もない.でも俺はあのデモの人たちに,今中国が行っている侵略行為を突きつけてこう言いたかった.「被害者ぶるなら,その前にチベットに行っている侵略行為を今すぐ止めたらどうですか?自分がされて嫌なことを他人にするのは人として最低の行為ではないのですか?」と.自分に都合の悪いことには目を向けず,都合の良い所だけ最大限利用しようとする中国の姿勢にははっきり言って怒りを覚える.勿論,中国の人々が全てこれにあてはまるとは思っていない.俺の周りにも中国の人が何人かいるが,とてもまともな人達だ.諸悪の根源は中国共産党執行部の面々だろう.

話が反れたが,俺はチベットが中国の支配から解き放たれ,あの独自の宗教観から来る素晴らしい文化が復活することを願っている.
by tricocbko_98 | 2005-12-21 10:08 | ありきたりの日常

年明け早々

どうも,先日スノモに入って以来,スノモの事で頭がいっぱいの管理人です(^^)ヾ.

どうしたらうまく滑れるようになるのか,仕事中も食事の間も,風呂入ってる間も,たいていはスノモの操作方法についてあれこれ考えを巡らしている.まぁ考えるだけじゃ上手くはならないんだけど(笑)

さて,今日は歯医者で戦慄のお告げを受けた.何でも,この間親知らずを抜いた箇所の反対側にもうひとつ親知らずがあるそうで,それを来年早々ひっこぬくらしい.最近やっと抜歯の痛みから解放されて喜んでたのに,新年早々あの痛みを再び味わうことになるとは・・・・・・・凹むなぁ(ガクッ).

来年の1月6日に早くも地獄を見ることが確定したお知らせでした(T T).
by tricocbko_98 | 2005-12-20 19:33 | ありきたりの日常

休出,スノーモト,忘年会

うぅ,気持ち悪ッ(- -lll)・・・・・久々の2日酔い.
タイトルを見てお分かりかと思うが,昨日は一日に3つのイベントが詰まったハードスケジュールだった,といっても半分以上は遊びのスケジュールなんだけど(笑)

まず早朝5時30に出勤して11時30分まで仕事,それからその足でスキー場まで行って人生初のスノーモトを体験,その後家へ帰って1時間ばかりスノーモトの壊れた部分を直したりして時間を潰し,その後忘年会へ出発.飲んだくれて帰宅.もう今日は筋肉痛アンド二日酔いで行動不能っス.

さて,皆さん気になるスノーモトのインプレッション,今回のタイトルは「涙と汗で勝ち取った林間コース制覇!」編です.ちなみに滑ってるときの写真は今回一切なし.一人で行ってたし,何よりも「写真を撮る」余裕なぞ一時も無かったので.

さて,スノーモトを買ったとき,操作方法を示したDVDがついていたのだが,多忙な俺はそんなものには目もくれず,スキー場に飛び出してしまった.この行動の裏には,多忙って他に「チャリとそんなに変わらないだろう」という多分に甘い読みがあったのだが・・・・.そしてこの判断が甘い判断であったことがすぐに証明されたのだった.

すべり出してすぐに気が付いた.

「曲がらん!」

曲がるためにはバンクさせればいいのだが,中々バンクさせられない.そうこうしているうちにヘアピンが目の前に.増加していくスピード.慌てる俺.とにかくなんとしても曲げなければと必死に身を捩って何とか向きを変えて,コース脇のクラッシュパッドすれすれでなんとか方向転換完了.が安心するのも束の間,すぐに次のヘアピンがせまる.また身を捩る.すれすれで向きを変える.また次のヘアピン・・・・・・てな具合で,ヘアピンが迫る度に身を捩り,なんとか一本目終了(この間数回の転倒を含む).なぜか一本目で息が切れてる俺.そのままリフトに向かわず自動販売機へ向かい,「なっちゃん」を飲んで一息つく.まぁ最初から上手く滑れないのは当たり前なんだけど,これほど難しいとは・・・・・・・・・.

「なっちゃん」を飲んで気を取り直し,2本目突入!そしてこれからの数本は転倒のオンパレード.曲がり方はおろか止り方も分からず.試行錯誤の連続.俺が転んでのたうち回る横を優雅に滑っていくスキーヤー.その背中に「なろーテメー.スキーだったらテメーにそんなデケー顔させねー!」などと,心の中で八つ当たりにも近い呪詛の言葉をかけつつ,コントロールの方法を探っていく.

その甲斐あって,4本目あたりから,スノーモトの曲がり方が掴めてきた.イメージとしてはイメージとしては,曲がる方と反対の足でスノーモトのシート部を押し込むような感じ.そうするとスノーモトがバンクして,向きが変わっていく.だがここで,新たなる問題が,ストレートで蛇行することによってスピードをコントロールしようと思っていたのだが,曲がっても,全然スピードが落ちないのだ.リフトに乗ってる間色々考えたが,どうやらエッジの使い方に問題があるようだ.俺の曲げ方は,エッジで雪面を切るいわゆる「カービング」というスタイルで,このスタイルではスピードを殺すことが出来ないのだ.スピードを殺すにはエッジで雪面を切るのではなく,エッジを雪面でズラさなければならない.

ここで俺の林間コース攻略方法が確立された.斜面のややきついところやカーブの手前では,フロントを軸にリアを小刻みに左右に振るいわゆる「直ドリ」でスピードを押え,緩斜面ではスピードを殺さないようカービングでターンしていく.この方法によって一応俺は林間コースで自分の行きたい方向へスノーモトを向けることができるようになった.

これで意気の上がった俺は,初,中級向けの緩斜面のコースをスキップして,上中級者向けの急斜面へトライ.ていうか,車に帰るためにはここを通らなければならない.結果は・・・・惨敗(苦笑).スピードの乗りが全然違う.しかもまだコントロールも不慣れな俺.当然スピードに体がついていかずに,滑るというより転げ落ちるような感じで,やっとの思いで麓まで降りた.次の課題は緩斜面の広いコースでハイスピードに体を慣らすのと,コントロールを確実にこなすための練習の二つだな.

てな訳で俺のスノーモト初体験はたくさんの失敗とほんの少しの成功で幕を閉じたのだった.いや~久しぶりに一つの事にゼロから取り組む体験ができた.確かに上達するまでの過程は大変だけど,自分が「上達した!」と感じたときの喜びは大きい.やっぱり買ってよかった!

そして夜の忘年会,今年一年の出来事や飛行機ネタ,昔話など,かなりディープな話題が飛び交い,1次会で終わらずに2次会まで突入する,なんとも楽しい飲み会となった.やっぱり飲むからには楽しく無いとね!新年会&ツーリングも多いに期待してます.幹事さん!

追伸 柿色ライダーさん(笑)ミードETXはマクストフカセグレン方式らしいです.詳しくはこちらで.
by tricocbko_98 | 2005-12-18 11:43 | スキー&スノーモト