Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

299KPH!

相変わらず長野は寒い日々が続いている.ここ最近の週末はスキーと仕事に行くとき以外は家でころころしている.今日もその例に漏れず家でコロコロコロコロ・・・・・.

そんな時の俺の友は,本とラップトップPC.ある時は本を読んだり,あるときはネット上を散策したりと,この2つのアイテムをフル活用(?)している.

今日も気ままにネット散策してると,こんなビデオがあった.

今のバイクって速いんですねぇ~(冷汗)
良い子の皆さんは真似しちゃ駄目ですよ(ニッコリ).って誰もいないか.

ついでにもう一つ.これはある意味上のやつよりインパクトあると思う.だって文字通り[Deep impact!]な内容だから.

Deep impact! 

また面白いビデオがあったら紹介します.
by tricocbko_98 | 2006-01-29 22:33 | バイク | Comments(4)

キカイダーカーブに散る

タイトルとは無関係だけど,このあいだこのblogの画像ファイルの容量が30MBに達したので,アドバンス契約を結んで画像ファイルの容量を増やした.そしてアドバンス契約後アップした写真第一号が・・・・・前の記事の写真(´Д`|||) .
なんか複雑な気分・・・・.

それでは事の顛末を.

あの日はとても良く晴れた日で,俺は会社から家へ帰るべく車を走らせていた.やがて500m程ストレートのあと左ヘアピンへと続く場所にさしかかった.
ヘアピンの前のストレートは日当たりがよく,雪も完全に溶けていたので,俺はさして注意もせず車を走らせ,ヘアピンに入った.ヘアピンの出口当たりにさしかかり,そろそろ加速しようと思ってアクセルを踏んだときにそれは起きた.

今までグリップしていたフロントタイヤがいきなり横滑りし,俺はセンターラインを超え反対車線に飛び込んでしまった.今まではこういうときは対向車がいなかったので,何とか立て直して自分の車線に戻って事なきを得るのだが,そのときは違った.対向車線に飛び出たのを狙ったかのごとく,対向車が向かってきたのだ.慌ててハンドルをきるものの,グリップしないタイヤで舵を切れる分けも無く,そのまま対向車の右フロントフェンダーに「ガッチャン」と突っ込んでしまった.

衝突後の対応は意外と冷静に出来た.とりあえず車は動くので道の脇の広いスペースに退避させ,相手の車へ行き,体のダメージが無いか確認してから,道の脇へ車を動かしてもらうようにお願いした.その後お互いの保険屋さんへ連絡を取り,事故を起こしたことを知らせて,その後の行動について指示をうけた.その後最寄りの警察施設へ行き,事故処理の書類を作ってもらい,一通りの手続きを済ませた.あとは保険屋さんにお任せ.

今回のケース,俺がセンターラインを越えてぶつかってしまったので,悪いのは当然100:0でこっち.ということで,相手方の車の修理費用はこちらの保険で対応するが,こっちの車の修理は自腹(見積もり額約15万円!).

金額的損失は痛いが自業自得なので仕方がない.本当に相手に怪我がなくてよかった.人の良さそうなおばちゃんで,冷静にこちらの謝罪を受け止めてくれた.おばちゃんゴメンナサイ.

次の日,事故を起こした現場を通る際,ゆっくり走って路面状況を調べてみたら,事故の原因が分かった.事故を起こしたカーブは半分は日が良くあたるところであり,雪も良く溶けるのだが,もう半分は道路の南に山を抱えているため,日が当たらないため,完全にブラックアイスと
なっていた.そのブラックアイスの部分に足を踏み入れた瞬間にアクセルを踏んだのだから,滑るのも当然だろう.今シーズン,この区間がこんなに凍結することは無かったので,自分にも油断があった.

このように路面のキャラクターが真ん中を境に明確に異なっているので,俺はそのカーブを,自分が起こした事故を忘れぬように「キカイダーカーブ」と名づけることにした.

雪が溶けた路面と凍結した路面が混在する区間は,完全なフルスノーの区間より怖い.前々から知っていたつもりなのに,最悪の形で改めて再認識することになってしまった.これから春が近づくにつれ,こういう状態になることが増えていくので気をつけないと.

雪道の怖さ,難しさを改めて思い知った一件だった.

※モンテカルロ・ラリーは前述のようなアイスとドライが混在する路面をレーシングスピードで走らなければならない.シリーズの初っぱなからこんな難しいラリーを走らなければならないのだから,ドライバーも大変さぞかし大変だろう.
by tricocbko_98 | 2006-01-29 11:47 | | Comments(4)

Crash!

え~,やってしましました.
d0049594_2133479.jpg

ブラックアイスには要注意です.

詳細は時間のあるときにアップします.

今は車も心も凹凹凹・・・
by tricocbko_98 | 2006-01-26 21:05 | | Comments(4)

乗るものは皆受けるべし

ブログのリンクの一番したに張ってあるリンク,「From Air」は航空写真家の徳永克彦氏のblogである.そのblogの記事の中に,米海軍のウォーター・サバイバル・トレーニングを受けた際の記事がある.なんでも現在米海軍では,海軍機で飛行するものは全員,このトレーニングに参加し,そして合格しなければならないらしい.

トレーニングの詳細については,「From Air」で確認してもらいたいのだがこのトレーニング,かなり厳しい内容のようだ.なんせ現役の軍人でさえ初日でギブアップする者が出るらしいので.その過酷な訓練を軍人以外の人間(つまり民間人)にも義務付け,更に合格しなければ飛行機には乗せないというのだから,かなりハードルが高く設定されている.ていうか無茶でしょ(笑)

特に体力が人一倍少なく,なおかつ泳ぎの下手な俺は,この訓練が義務化している限りは絶対米海軍の飛行機に乗るチャンスはないだろう.まぁこの訓練が無くてもそんな機会は訪れないだろうけど.

もし米海軍機に乗る予定のある人は今から体をムキムキに鍛えて,スキューバダイビングをいっぱいやっておくことをお勧めします(笑)
by tricocbko_98 | 2006-01-24 21:15 | 飛行機 | Comments(0)

知らなかった~!

先日「ビッグオフ購入計画」を高らかに宣言してから,いろんな人に「このバイクどう?」とか「こんなバイクあるよ」とか,情報を教えてもらった.皆さんありがとう!でも資金がまだ用意できてないんです(涙).購入準備が整うまでもう少し待ってください.

さて,本日の出来事.仕事から帰ってきて,玄関へ向かうべく庭を歩いていると,うちのわんこが俺にアツイ視線を注いでいるのが見えた.どうやら「家に入る前に俺と遊んでいけ!」と言っているようだ.愛犬の頼みを断るわけにもいかず,寒いのを我慢して少しだけおつきあいする事にした.

しばらく頭なでてやったり,耳の中を掃除してやったり(うちのわんこはこれがお気に入り)していると,わんこのお尻の方から例の「ぷぅ」という音が聞こえてきた.そう,おならである.

俺は二十数年の人生の中で,初めて犬もおならをすることに気がついた.冷静に考えれば,犬だって人間だって体のメカニズムはそんなに変わらないのだから,おならをするのは当たり前.だけど,俺の人生において,これはコロンブスの新大陸発見並みにグレイトな発見だ.そしてこの発見に感動した俺は,口では「このヤロ~」と言いつつ,なぜかいつも以上に愛情をこめてわんこの頭をなでなでしてやったのだった.
by tricocbko_98 | 2006-01-23 20:53 | ありきたりの日常 | Comments(8)

日本上陸

d0049594_1740392.jpg

以前書いたYZF-R1の限定モデル,「YZF-R1 SP」がプレストコーポレーションから販売されるようだ.気になるお値段は・・・・・「税込み2,289,000円」

高けぇ~(・・;).車両価格だけで俺の04の価格の1.5倍かよ・・・・・.

全世界で1330台限定だそうなので,購入予定の人は早速お店にダッシュです.

ちなみにあれについてるオーリンズの前後サスは,アフターマーケットで売られているのとは別物なのかな?誰か知ってる人います?
by tricocbko_98 | 2006-01-22 18:02 | バイク | Comments(2)

ビッグオフ購入計画(仮)

最近日々の雑務におわれてblogの更新がすすんでいないので,書けるときにたくさん書き込んでおかないと(笑).
1ヶ月ほど前からネットなどでビッグオフロードの中古車情報をチェックしている.なんでかっていうと,理由は単純.旅がしたいんですよ,旅が.バイクに詳しくない方に説明すると,ビッグオフってのはこういうのです.
d0049594_0455010.jpg


思えば去年のバイクに乗って向かった先は6割が近くのお山,残りのほとんどはコースと林道.日帰りでは何回か行けたけど,泊りがけのツーリングにはとうとう一回も行けなかった.コースとかで思い切り走るのは楽しいし,サーキットも走ってみたい.でも思えば俺がバイクに乗り始めた理由は,自分で好きなときに好きなところ自由に行けるから.学生時代も長い休みを利用して北海道だの九州だのいろんな所へ行ってきた.しかし今では北海道のほの字も出てこない状態.これはイカン.

ではなぜそこでビッグオフが必要なのかというと,ルート選択の自由度が広がるから.俺は以前北海道にいったときはCBR900RR(これです)で行ったんだけど,これはご覧のとおり,オンロードバイクなので,ひたすら舗装路しか走ることができなかった.ところが北海道にはダートの先に温泉などがあったりする.俺はダートを走れないばかりにおいしい所をみすみす逃してしまったのだ.そこでビッグオフならダートでもホイホイ走っていける.しかも排気量に余裕があるので高速道路のクルージングもOK!しかも荷物もちゃんと積める.ツーリングには持って来いのバイクである.

現実的には既に2台のナンバー付バイクを所有しているので,そこにもう1台の増車は正直かなりの負担.それ以前にまず置く場所がない(笑).というとこで計画初期の段階から既に問題がてんこ盛りだが,まぁ何とかなるでしょう.持ち前のお気楽能天気主義を武器に夢の実現を目指します.まずは軍資金の確保をしないと.
by tricocbko_98 | 2006-01-22 01:14 | バイク | Comments(10)

Jump!Jump!Jump!

今日はまた妙高へファンスキーをやりに行ってきた.ホントはスノーモトもって行きたかったんだけど,妙高はまだ滑走許可が下りていない(涙).

今日は飛びました.まず到着早々頂上付近に上り,コース脇にせっせと小さなジャンプ台を作って,そこからコース脇の雪原へジャンプ!ひたすら飛びまくり.たぶん滑っている時間より飛んでいる時間の方が長かったと思う.おかげで体中のあちこちが痛いっス.俺はただ思い切り飛んで雪原に落ちるだけだったけど,一緒に行った先輩方は回転技も取り入れてて(バックフリップとか),俺はそれを横でただ呆気にとられて見ていた.よくあんなことできるよなぁ~.

明日は一日養生します.
by tricocbko_98 | 2006-01-21 23:49 | ありきたりの日常 | Comments(0)

ノンフィクション戦記の思わぬ効用

一昨日内視鏡検診に行ったことを書いたけど,そこで俺の心の支えになったのが,先日買った文庫本「ブラックホーク・ダウン」.

待ち時間のあいだずっと読んでいたんだけど,あまりにもリアルな戦闘描写に,身の毛がよだつ思いがした.その後診察が始まり,注射を打たれたり,内視鏡を体につっこまれたりしたんだけど,その間俺はひたすら「鉄砲で風穴開けられるより注射のほうがまし」「狂ったソマリ族の民衆に八つ裂きにされるより胃カメラつっこまれるほうがまし」と心の中で唱え続けて,恐怖心を鎮めていた.

こういう事を予期して文庫本を買ったわけではないけど,この本にはだいぶ助けられた.今度から怖い思いをしに行くときはノンフィクションの戦記物を一冊持っていくことにしよう.

「ブラックホーク・ダウン」.アメリカでベストセラーになっただけあって,読み応えがある.

世の中で一番恐ろしいものはやっぱり人間なんだなきっと.
by tricocbko_98 | 2006-01-20 00:41 | ありきたりの日常 | Comments(0)

内視鏡デビュー

先週末あたりから胃のあたりに違和感を覚えていた.2~3日もすれば治ると思っていたが,快方に向かう様子が見られないので,これはもしやと思い,先ほど病院へ行って内視鏡検査を受けてきた.

実はこれが俺の人生で初の内視鏡検査.どういうものか知りたくて,あちこち調べたり聞いて回ったが,これが人によって答えがバラバラ.「全然問題なかった」ていう人もいれば,「スゲ~苦しかった」という人もいる.いったいどっち??というわけで,内視鏡に対する不安を抱えつつ検査当日を迎えた.

病院に行って最初に医師の診察を受ける.どうやら風邪もこじらせていたみたいで,風邪をこじらせたまま体に負担のかかる内視鏡検査をするのはあまり良くないと言われた.とりあえず血液検査をしてその結果が良好なら検査に踏み切ることになり,まず血液検査を行った.ここでまず一本目の注射(プスッ).

血液検査の結果が良好なので,検査を行うことになった.廊下で案内を待っていると,トレイに極太の注射器を携えた看護師が「こちらで~す」と案内してくれた.案内されている間も俺の目は例の注射器に釘付け.俺・・・・あれうたれるのかな~・・・・・ゾクッ(背筋が凍る音).嫌だ~!注射嫌だ~!

検査室につき,まず白濁した液体を一気飲み.つづいて口の中にゼリー状の液体を流し込まれ,それを口の中に含んでいるように言われた.この2つの液体は麻酔だったようだ.含んでいると口の中の感覚が麻痺してきた.

麻酔が効き始めてきたところで準備が始まった.まず肩に麻酔の注射をプスッ(例の注射器とは違うヤツ).ついでベッドに横になってから,腕に例の極太注射器をプスッ.思ってたより痛くなくてホッと安心.しかしこれからが本番.マウスピースを口にはめられ,その直後に内視鏡を口の中に突っ込まれた.麻酔が効いてるとは言え,口の中を異物が動いている感覚は伝わってくる.とたんに気持ち悪くなり,体が異物を吐き出す動作を行うがもちろん吐き出される訳がない.覚悟はしてたけど,やはり苦しかった.心の中で早く終わることをひたすら願っていた.5分ほどで検査は終了.麻酔でヨレヨレになった俺は車いすで別の病室へ運ばれ,そこで30分ほど点滴をうけた(ここでも注射針をプスッ).

これで検査は終了.検査結果は良好で胃の中に異常は発見されなかった.一応胃の組織検査もしてもらうので金曜にもう一度病院へ行って検査結果を聞いてくる.

今回胃の調子がおかしくなってから,ネットとかで胃の病気を調べたおかげで,胃の事についての知識が深まった.偏食や不規則な食事が病気を誘発する原因になっているようだ.仕事のスケジュール上,どうしても食事が不規則になってしまうので,これからは食生活のリズムに気を配って,体を壊さないよう気をつけなければ.

皆さんも食生活には気を配りましょう!
by tricocbko_98 | 2006-01-18 14:08 | ありきたりの日常 | Comments(4)