Just a log.


by tricocbko_98

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ


バイク
時計
天文
飛行機
スキー&スノーモト
MTB
ありきたりの日常

以前の記事

2017年 12月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

上司からの電話

今日で3月も終わり。
明日から新年度です。
今年は社会人になってから一番ハードだった年度だと思います。
お陰で人間的にも少しは成長できた気もします。

そんな日の夜にかかってきた上司からの電話。
「〇〇,オレ明日退職届け出すから」
突然のタイミングで驚きましたが,動揺はしませんでした。
前から上司の考えは聞いて知っていたし,
いつかはそうなる時が来るだろうと思っていたので。
上司とオレは,会社での上司部下の関係であると同時に,
同じ学校を出てきた先輩後輩の間柄。
一緒に出張に行ったときは,飲みながら仕事の事で相談しあったり,
ときには酔っ払い過ぎて
飲み屋の兄ちゃんと一触即発になり店から追い出されたり(笑),
一緒にそれなりに苦労を重ねてきました。

でも,オレが仕事で泣くほど悔しい事があったときに高い寿司屋に連れてってくれて
愚痴を聞いてくれたり,普段はテキトーにやってるように見えて本当に困ったときには
助けてくれる,とても良い先輩でした。

先輩がいなくなることは大きな痛手です。
でもそれ以上に先輩の抱えている悩み,苦しみも分かる。
だから,先輩の思うように,やりたいことが出来るようになれば,それで良いと思います。

「お前だけには予め言っておきたかったんだよ」と言ってもらったときは,
「駄目な部下でも信用してもらえていたんだな~」
と思い,とても嬉しく思いました。

明日から新しい年度が始まりますが,相変わらずしんどい一年になりそうです。
by tricocbko_98 | 2010-03-31 23:17 | ありきたりの日常

サクソフォン

d0049594_0542887.jpg

買っちゃいました!
ずっと前から何か楽器を演奏できるようになりたいな~と思っていて,
先日やっと手に入れることができました。安物ですけどね(笑)
毎週末少しづつ吹いて練習しています。
音は出せるようになりました。サックスって音は意外と簡単に出せるんです。
でもボタンがいっぱいあってどれがどれだかわかりませ~ん。

でも楽しいです!
by tricocbko_98 | 2010-03-29 00:57 | ありきたりの日常

「おじ」になりました

昨日,正確には4時間前に名実ともに「伯父」になりました。
d0049594_2155780.jpg

とても小さいけど,とてもきれいな眼。
その眼に映る世界が,いつまでも素晴らしいものであり続けますように。

はじめまして!
これからよろしくね。
by tricocbko_98 | 2010-03-18 02:18 | ありきたりの日常

一流スポーツ選手のコメントから考える,理想の精神状態

最近本を読んでて,とある2人のレーサーのコメントに興味を惹かれました。

MotoGPチャンピオンのバレンティーノ・ロッシはこんな事を言っています。
バイクに乗るときは,ほかのことを全て念頭から葬り去るようにしないといけない
普段の生活や世の中のことをなんて,綺麗さっぱり忘れてしまうんだ。何もかも頭の中から
追い払って,路面とコースとマシンのことだけを考える。でも実際はバイクに集中するのは
決して簡単なことじゃない。脳の大部分でバイクやタイヤや路面のことを考えていても
残りの部分に女の子や友達やお気に入りの曲が浮かんでくるものなんだ


また,今は亡き偉大なF1ドライバー,アイルトン・セナも同じような事を言っています。
自己の超越は,レーシングマシンのコクピットの中にいる自分の,全ての感覚を奪う。
そこでは,僕は自らの苦しみと共に一人になる。もっと遠くへ,マシンと人間のもっと近くへ
進む為,ドライバーは全てを捧げなくてはならない。
心も,身体も,思考も・・・・そう,全てを


2輪,4輪とジャンルは違えど,それぞれの世界の一流レーサーが
同じような事を言っているのが非常に印象的でした。
2人とも,ライディングないしドライビングをするときは,
他の事を全て忘れてそれに集中しなければならない
というようなコトを言っているのではないかと思うんですが,
ただ単に「運転に集中する」というコトでも無い気がします。
セナのコメントを見ると殊更そう思えます。

中学生の頃野球部に入っていたとき,非常に試合での打率が高いときがありました。
3打席中2安打とか,今までの人生の中で最も野球が楽しかった
時期だったんですけど,思えばこの時は打席に立つとき,
何も考えずに来たボールに対してバットを振っていた気がします。
それが成績が出てきて打順も良い打順に回されて,
周りの期待を感じるようになって「打たなくちゃ!打たなくちゃ!」
と自分に必要以上にプレッシャーをかけてしまった結果,
成績も落ちちゃったのかなと(笑)

人間の感覚って,実は自分達が考えている以上に鋭いものなんじゃないかと思います。
先の野球の件も,打てていたときは頭で余計な事は何も考えず,
自分の感覚に対して身体が素直に反応できている状態だったから
良い成績が出たんじゃないかな。

そう考えると,冒頭の二人のレーサーのコメントも,「集中する」というのは
あくまでもプロセスであって,目的としては,
自分の本能や感覚に対して,素直に身体が反応するような,
そんな精神状態に到達することなのかなという気がしました。

確かに身体を動かすスポーツなんかはそれで良いと思いますが,
仕事もそんな精神状態でやった方が良い結果出るんですかね?

図面書きのお仕事なんかは頭で色々考えながらやってるんでなかなか
難しそうな・・・・・本能で書けってことかな。
by tricocbko_98 | 2010-03-06 22:45 | ありきたりの日常